離婚・相続専門弁護士 間違いだらけの離婚・相続/

アクセスカウンタ

zoom RSS 「離婚原因としての性格の不一致」で一番多いのは金銭管理に関する見解の違い

<<   作成日時 : 2011/10/19 08:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

離婚原因で一番多いのが性格の不一致である。要するに考え方や価値観が違うと言うことで、双方が、相手の考え方は間違えていると主張するパターンである。
全然異なる環境で育ってきた夫婦だけに考え方・価値観が違うのは当然で、まあ、大体の夫婦は、当初は衝突しながら、しだいに収まるところに収まるものである。
しかし、どうしても、収まりきれない価値観の違いがある。それは金銭であり、特に金銭管理である。
金銭管理をめぐる離婚紛争で、当事者間の話を聞くと、人によりこれほど考え方が違うのかと驚いてしまう。これが夫婦共働きで、その金銭管理を巡る紛争なら、離婚紛争にまで発展することは少ない。しかし、専業主婦で、特に子供がいる場合は、深刻な離婚騒動になってしまう。

一つの考えは、妻が全ての金銭管理をし、夫は小遣いをもらうというパターンであり、このパターンの夫婦が一番多い。ただ、極端な例になると、妻は給料をどう使うかは自分の自由裁量、その気になれば、夫の小遣いをゼロにすることだって出来ると思い込んでいる妻がいるし、そこまでいかなくとも、稼ぎが少ないと、昼食代込みで5000円の小遣いのみということだってある。
昔、刑事事件で窃盗事件を担当したことがあるが、その被告人は、自分の小遣いが5000円に減額され、ついには、ゼロと宣告され、昼食も食えなくなって万引きした事件があった。
検事も、これには同情し、公判廷で情状証人として出廷した妻に、「小遣ゼロじゃ、御主人がかわいそうでしょう」と諭していたが、妻の方は怪訝な顔をして「妻子が充分な生活をして、その上で余りがあれば夫の小遣いでしょ」と反論していた。「昼食が食えないなら、夕食まで我慢すればよい」というのが妻の考えだった。
また、妻が「夫は横領した」と言うケースにも出くわした。会社の金でも横領したのかと思ったら、夫は、会社の給与全額を渡すふりをして出張費をごまかしていたのだという。それが横領だというのである。

反面、夫が金銭を管理するという夫婦も、少数だがいる。
この場合、夫は、「自分では十分だと思っているが、客観的に見て、非常識な金額」しか渡していないこともある。「水道費がいくら、衣服費がいくら、食費がいくら、米は田舎から送ってくる、だから、毎月の生活費は○円で足りるはずだ、もしこれ以上必要なら、レシートを見せろ。出さないとは言わないが、説明してほしい。」
こういう事を妻に平気で言う。
こういう場合、妻は逃げ出してしまうことが多いが、夫には、なぜ妻が不満なのかわからない。

実は、こういうケースは意外とある。しかも、こういう極端なケースでも、それなりに収まっている夫婦もいる。
前者の場合、夫が「自分、稼ぎ少ないんでしょうがないです」という夫は、それなりにいて、それはそれで結構夫婦仲が良かったりする。
後者の場合も、「私も、無駄な金は使わず預金に励みたい」という妻がいて、夫の資産形成に協力的だったりする。

おなじような状況で、円満になる夫婦と決裂する夫婦。前者の場合は夫婦間に信頼関係があり、後者の場合は信頼関係が崩壊している。この違いが生ずる原因は分からない。それだけ人間は多様だということだろう。


森法律事務所は、家事事件を常時400件近く扱う、家事事件に関しては国内有数の法律事務所です。離婚・男女問題・遺産分割の法律相談・ご依頼を承っております。いつでも、お電話・メールをください)
http://www.mori-law-office.com/katei/
http://www.mori-law-office.com/katei/rikon_index.html
TEL:03-3553-5916



(追記)
代表弁護士森公任と副代表弁護士森元みのりの共同監修で、下記の本を出版しました。

1,相続に関する法律と税務がコンパクトにまとめられています。是非、ご購入ください。
「最新 図解で早わかり
改正対応! 相続・贈与の法律と税金」
森公任 ・ 森元みのり 監修
http://www.sanshusha.co.jp/np/details.do?goods_id=3992

三修社  定価: 1,890円(本体:1,800円+税)
「本書では、相続分や遺産分割、遺言など相続のしくみについて詳細に解説するとともに、相続税や贈与税のしくみ、教育資金の一括贈与に伴う贈与税の改正など平成25年度の税制改正についてわかりやすく解説しています。
さらに遺言書や相続手続きにそのまま利用できる書式なども掲載し、相続手続きをスムーズに進めることができるよう工夫しました。」

2,倒産法全体をコンパクトにまとめてあり、全体像を把握するのに便利です。是非、ご購入ください。
「最新 図解で早わかり
倒産法のしくみ」
森公任 ・ 森元みのり 監修
http://www.sanshusha.co.jp/np/details.do?goods_id=4054

三修社  定価: 1,890円(本体:1,800円+税)
「法的整理から私的整理まで、様々な倒産制度のしくみや実務上のポイントがわかる。
また、解散・清算、M&Aの知識まで倒産関連の知識を集約。
さらに、法人破産以外の個人民事再生や個人破産についてもフォローした一冊! 」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「離婚原因としての性格の不一致」で一番多いのは金銭管理に関する見解の違い 離婚・相続専門弁護士 間違いだらけの離婚・相続//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる