アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「遺産相続一般」のブログ記事

みんなの「遺産相続一般」ブログ

タイトル 日 時
相続人の「心の問題」を意識しないと紛争が長期化する。
日本加除出版から「心の問題と家族の法律相談」を酒田素子精神科医の協力を得て出版しました。対象は主にDVやモラハラ、ストーカー、難航する面交、児童虐待等で、その原因を精神医学的観点から考えるものですが、この書籍には、遺産分割も取り上げています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/10 08:47
使途不明金の法律構成
遺産分割で相続人の一人が被相続人を介護し、金銭管理もしていた、こういうケースでは、たいてい、使途不明金問題が発生します。要するに、被相続人を介護していた相続人のネコババ疑惑です。 相続人間で信頼関係のない状態だと、どうしても、介護していない相続人は、疑惑の眼差しを向けてしまいます。 そこで、銀行の取引記録を取り寄せてみたところ、理解できない銀行預金の解約が多数ある、たしか、この辺りは施設に入居していたはずだ、なぜ、こんな多額なお金が、しかも、キャッシュカードで次々と引き出されているんだと... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/25 16:18
遺留分減殺と共有物分割
「相続させる遺言」あるいは「遺贈」により相続人の一人が遺産を取得したところ、それが他の相続人の遺留分を侵害しているときは、遺留分減殺の意思表示をすることになる。 遺留分減殺の意思表示は、物権的効果を生じさせるので、対象物が不動産の場合は、その遺留分相当部分の不動産が遺留分権利者に帰属し、その後は、遺留分権利者と遺言・遺贈により不動産を取得した人の共有状態になる。 それでは、この共有状態を解消するのは、共有物分割か(訴訟説)?それとも、遺産分割か(審判説)?遺留分減殺後は通常共有になると解すれ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/13 16:57
共有物分割と遺産分割
〔物件共有のうち共有持ち分権が遺産共有になっている場合〕 Q1 不動産をA・B・C3名で共有しているところ、Cが死亡し、長男甲・次男乙が相続した。 甲は、この不動産を分割して換価したいと思っている。遺産分割手続をとるべきか、共有物分割手続をとるべきか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/28 16:49
遺言書の調査方法
遺産相続が起きると必ず遺言書の存在が問題になります。実務では、遺言書の有効無効が問題になりますが、今日は、「存在の有無」の話です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/13 07:40
特別寄与を主張するには、5類型の内、どの寄与類型かを明確にする。
被相続人は、父。相続人は、長男と長女。長女は父を引き取り、父を何かと世話をしていた。遺産分割では、当初の代理人弁護士は、ただ単に寄与を主張しただけだが、調停委員会に相手にされず、「特別性がない」として一蹴された。代理人弁護士の言動に不安を感じた長女の弁護士は、弊所に相談。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/29 12:36
基本書に説明のない論点 超過特別受益者に対する相続分譲渡。
相続人は、長男、長女、次男。遺産は3000万円。ただし、「相続させる遺言」で、2000万円を長女は相続した。 本来、相続分は各3分の1であるが、長女は、遺言で3分の2の遺産を取得している(特別受益になる)ので長女は、超過特別受益者となり、具体的相続分はない。 残りの分割対象財産は1000万円であり、これを、長男と次男で各2分の1、つまり、500万円ずつ分けることになる。 しかし、長男は、裕福で遺産に興味が無いが、次男とは険悪な仲で、自己の相続分を長女に譲渡した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/16 10:00
遺産相続実力テスト
以下の設例は、実は、正しいようで弁護過誤になっています。 この過誤は、弊所代表森・副代表森元の発行した下記DVDを聞くことで防止できますが、さて、どこがどのように弁護過誤なのでしょうか? https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/3333 (おかげさまで、このDVD、全3枚で一番高額ながら、売れ筋ランキングで現在、弁護士向け部門で1位、全部門でも1位です!DVDの詳細な説明は、前回のブログで詳細に述べています) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/03 20:58
弁護過誤防止のため、弊所の遺産分割のノウハウを実務家向けに公開したDVD発売!
〔実務家向けDVD発売〕 9月1日、レガシイより、遺産分割調停に関するDVDを、代表森と副代表森元で発売させていただきました。   記 「誤解の多い遺産分割調停 弁護士が勘違いする実務のポイント」 全3巻 https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/3333 レガシイの宣伝文句だと 「常時100件の遺産相続事件を処理する弁護士の技能 遺産分割調停は、独自のルールで家裁実務が運用されているため、その実務 について誤解してしまってい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/02 09:19
遺産分割は弁護過誤が多い。
遺産分割は、実は非常に弁護過誤の多い事件です。いいかえると、弁護士の力量差が端的に表れます。弁護士事務所の規模とか弁護士の年齢とかに関係なく、経験に裏付けされた知識がないと、勝てる事件も負けてしまう場合があります。ただし、弁護士がたくさんいる、大きい事務所だから安心だとか、立派なホームページで「遺産専門」とうたっているとか、関係ありません。一人でこつこつとやっている弁護士で、相続に秀でている先生は少なくないし、逆に、相続専門とホームページなんかで派手に宣伝している弁護士でも「この弁護士、相続専門... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/29 12:25
相続後、被相続人の預金口座に、遺産以外の金銭の入金があった場合、その金銭も、遺産分割の対象になるか。
遺産は相続時に存在する必用があるから、相続後に発生した家賃は分割対象にならない。また、分割時にも、相続時と同じ形態で存在することが必用だから、例えば相続後に不動産を売却した売却代金債権は、遺産分割の対象にならない。 ここまでは、相続実務で当たり前の出来事です。 このブログで、遺産分割対象財産は、相続時と分割時の二時点で存在しなければならない、ということは繰り返し述べています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/15 15:13
「相続させる遺言」がありながら遺産分割の対象になる場合
遺産分割の対象財産は、未分割であることが必要である。言い換えれば、すでに分割されている遺産は、全相続人の同意がなければ、分割対象になることはない。 これは、当たり前の理屈だが、現場でこの問題に直面すると、当惑することがある。 第1に、可分債権は、相続と同時に分割されるから、すでに分割済みの遺産であり、遺産だが遺産分割の対象にならない。ただ、現場では、この「遺産だが分割対象にならない」という理屈が理解できない代理人が少なくない。預金を遺産分割対象とした最高裁大法廷判決は知っているが、理解ができ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/08 17:14
預金を分割対象とした最高裁判決の射程範囲と仮分割仮処分
最高裁大法廷平成28年12月19日判決は、預金は遺産分割の対象になると判断しました。このことから、可分債権も遺産分割の対象になると誤解しておられる先生方がおられます。 しかし、この判決は、「相続人数人ある場合において、その相続財産中に金銭その他の可分債権あるときは、その債権は法律上当然分割され各共同相続人がその相続分に応じて権利を承継する」という最一小判S29・4・8の判決、これは、交通事故の賠償金でしたが、この判決を変更したわけではありません。 変更したのは、預金を可分債権とした最三小判平... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/15 16:31
遺留分減殺請求権の譲渡
民法上の財産権には、一身専属権と言われるものがありますが、民法は、二つの一身専属権を規定しています。 〔帰属上の一身専属権〕 ひとつは民法896条本文・但書が定めている「帰属上の一身専属権」と言われる権利です。 「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。」 この帰属上の一身専属権は、相続の対象になりません。 〔行使上の一身専属権〕 もう一つは民法423条が定めている「行使上の一身専属権」と言わ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/12 08:44
差押え債権者VS相続人バトル  その2
前回のブログ、「差押え債権者VS相続人バトル  その1」の続きです。その1からお読みください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/21 09:15
差押え債権者VS相続人バトル  その1
事案 被相続人は夫。遺産は居宅のみ。相続人は、妻Aと長男B。 Aは、居宅に独りで住み、長男Bは放蕩息子で、職を転々とし、今は、定職にも就かず毎日ぶらぶらし、どこかの女の家に転がり込んでいる。しかも、Bは、高利の金融業者Cに多額の負債がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/14 13:40
相続不動産を売却した売却代金は、遺産分割の対象にならないことに注意!
Q 被相続人の遺産は自宅のみ。相続人は、長男Aと長女B。二人はその不動産を売却し現金化し、半分ずつ所持している。 しかるのち、Aは、この現金を遺産として遺産分割の調停を申し立てた。Aの主張は、被相続人に対し、Aは、多額の寄与があり、折半はおかしいというものだった。 Bは、各人が所持しているお金は遺産分割の対象にならないと主張した。 どちらの主張が正しいか。 A 分割対象に含める合意がないかぎり、Bの主張が正しい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/31 08:30
相続後、相続不動産を勝手に売却した場合と預金を勝手に解約した場合
設例1 被相続人の不動産があり、相続人は、長男A・二男B・三男Cの3人で、長男Aは、単独で3人の共有に法定相続分で相続分登記をしている。 この場合は、Aが、他の2名の了解を得ることなく、Aの持ち分を第三者Dに売却したというケースを考えよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/17 09:08
ややこしい代襲相続
代襲相続とは、被相続人(財産を遺す人)が亡くなった時、本来相続人になるはずだった人が先に亡くなるなどしていた場合に、その子や孫やひ孫(直系卑属といいます)が代わって相続人になるという制度で、まあ、これは、どの本にも書いてあります。なお、代襲相続が起こるのは、姪・甥までで、姪・甥の子には代襲相続は起こらないことに注意しましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/03 09:58
「預金は遺産分割の対象となる」とする最高裁判決により生ずる「不可分債権→可分債権へのグループ移動」に
〔変更理由は金融業界からの要望?〕 最高裁大法廷は、平成28年12月19日、預貯金を遺産分割の対象とする決定を下しました。 銀行等の金融業界からは、「預金が分割対象にならないなんて国は日本だけだ。何とかしてほしい。銀行が紛争に巻き込まれる」という要望が、民法改正審議会等を通じて、法務省や最高裁に伝わっていました。金融業界からの強い要請で、民法改正でも、預金は分割対象とする方向で審議されています。まあ、最高裁としては、金融業界からの強い要請を受け、民法改正を待たず、判断を変更せざるを得なかった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/21 14:57
今年1年を振り返って 弁護士に理解してもらいたい遺産分割の法的枠組み
〔遺産分割の法的枠組み〕 現在、東京家裁をはじめとして、全国の家庭裁判所では、遺産分割の法的枠組みに基づいて分割調停が行われている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/22 17:56
相続放棄しても空家について「元相続人」の責任は続く
弁護士として相続放棄手続きの依頼を受けることが結構あります。たいていは借金が多くて、相続放棄するというパターンですが、中には、「僻地に不動産があるが、管理できないから相続放棄する」というパターンもそれなりにあります。 相続人の方は、相続放棄さえすればもう関係ないと思っていられるようだし、弁護士も、相続放棄手続きは知っていても、相続放棄後のことは知らない、というか、業務範囲外で意識したことがない。 しかし、実は、相続放棄した遺産の中に空家があるときは、そう簡単にはいきません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/09 08:44
共有物分割と遺産分割
Q1 被相続人は父。相続人は長男A・次男B。唯一の遺産は不動産ひとつ。法定相続分は各2分の1。借金に困ったBは、自己の相続分をCに譲渡した。CはAに対し、遺産分割を求めるべきか、共有物分割を求めるべきか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/25 08:46
家賃に見る特別寄与と特別受益の違い
Q1被相続人Aは、相続人Aに自己の所有する家屋を永年にわたり無償で居住させていた。この無償居住は、特別受益になるか Q2被相続人Aは、相続人Aの所有する家屋に無償で居住していた。この無償居住は特別寄与になるか A Q1は、相続人Aの特別受益にならず、Q2は、相続人Aの特別寄与になるのが原則である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/11 11:57
土地建物の無償使用と特別受益
Q1 相続人Aは、被相続人とともに被相続人の家で永年にわたり同居していた。相続人Bは、その無償で同居していたことが特別受益にあたると主張しているが、Bの主張は認められるか? Q2 上記の例で相続人Aが一人で被相続人所有家屋に無償で居住していた場合はどうか? Q3 相続人Aは、被相続人の土地の上に無償で建物を建てている。相続人Bは、その無償で同居していたことが特別受益にあたると主張している。Bの主張は認められるか? Q4 Q3の例で相続人Aが被相続人のための二世帯住宅を建て且つ被相続人の介護... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/28 08:23
相続させる遺言と遺留分の関係
被相続人が唯一の遺産である不動産を、長男に8分の7、次男に8分の1相続させると遺言した。次男の遺留分は4分の1である。次男は、遺留分減殺の意思表示をした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/15 13:44
遺留分減殺請求権は3回変身する。遅延損害金・家賃との関係は
遺留分の争点は、主に、いくら払うかにつきるが、付随問題として家賃の清算、価格弁償金に対する遅延損害金の清算という問題も生ずる。価格弁償金に比べたら金額はわずかだが、対象物が数億円以上だと、かなりの金額になり、無視できない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/17 09:32
遺産分割実務では、貸家の評価をどうするか
遺産にアパートなんかの貸家がある場合、貸家の評価をどうするかという問題が常に生じます。 結論からいうと、一般的には、貸家であることをプラスにもマイナスにも評価しません。相続人の方でアパートを取得したい人は、「自分で使えないから低く評価しろ」と言うし、アパートの取得希望のない人は、「収益物件なんだから高く評価しろ」と言います。 どちらも理屈としては成り立つので、「痛みわけ」みたいな感じで、プラスにもマイナスにも評価しないわけです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/03 10:58
配偶者に対する贈与と持ち戻し免除の意思表示
特別受益があるときは、持ち戻し免除の意思表示が問題になることは、弁護士のどのホームページにも記載されている。持ち戻し免除が遺言等で明示されているときは問題にならないが、遺言書がなくとも、黙示の意思表示の存在を真剣に争ってくる当事者がいる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/19 11:00
「婚姻のための費用」は特別受益になるか
民法第903条は、「共同相続人中に、被相続人から、婚姻 のため 贈与を受けた者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、前三条の規定により算定した相続分の中からその遺贈又は贈与の価額を控除した残額をもってその者の相続分とする。」と定めています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/05 08:46
非上場株式の評価
遺産分割で一番やっかいな問題の一つが非上場株式の評価である。不動産なら、価格評価で合意できないなら鑑定で解決できる。鑑定料は、高いとはいえ、常識的な金額で収まるからである。 ところが、非上場株式の評価は、「はい、鑑定ね」と単純にはいかない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/13 08:25
法人成りをしていて家業従事型特別寄与が認定される場合
特別寄与には、いくつかの類型があるが、その一つに家業従事型特別寄与がある。民法904条の2T項の「被相続人の事業に関する労務の提供」に該当する類型である。 遺産分割実務では、非常に多く主張される特別寄与の類型だが、たいていは、主張を聞いた瞬間に、「寄与は無理です」と回答してしまうことが多い。一番多く主張され、一番多くはじかれる基準である。 この類型の寄与は、認定要件の一つとして無償性が要求されるところ、ほとんどのケースで、相続人は、何らかの対価を得ているからである。継続性ではじかれることも多... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/24 08:36
遺産分割前の相続株式の議決権行使方法
実務でよく直面する問題で、今まで何度か経験しています。遺産分割やら、総会決議取消やらが絡み、解決が難しく、また裁判で勝つことが、そのまま実務での勝負につながらないというむなしさもあります。 最高裁平成27年2月19日第一小法廷判決が、今後の実務に役立つ判断を示しています。なお、事例は、修正してあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/07 18:12
家裁調停委員・元調停委員の方々を対象に遺産分割実務の講演をいたしました。
平成28年5月、「遺産分割事件のケース研究―代理人の視点による解決のポイント」というテーマで、家裁の調停委員やOBの方々を対象として、日比谷図書館文化館コンベンションホールで、約2時間、森と森元で講演をさせていただきました。出席者は約130名でした。 相続問題をテーマに年に10回開催される講演会で、30年以上の歴史があります。しかも、講師の方々は長元裁判官、片岡裁判官等、遺産分割実務では、誰もが知っているトップの人たちばかりで、こういう講演会に、講師として招いていただき、大変恐縮いたしました。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/21 11:09
遺産分割に大変革をもたらすか 預金は遺産分割の対象になるか?最高裁判例変更へ
預金は、相続と同時に指定相続分または法定相続分で分割され、遺産分割の対象にならないと解されてきた。 これは、民法の規定はそうなっているからである。 民法898条は、「相続人が数人あるときは、相続財産は、その共有に属する。」と規定しているが、債権については、民法264条は、但し書きで、「法令に特別の定めがあるときは、共有の規定に従わない」となっている。この「特別の定め」が民法427条で、ここには、数量的に可分の債権は、共有されず、当然に分割されると規定してある。つまり、民法898条→民法264... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/13 08:24
「相続させる遺言」では遺言執行者の仕事はない?
遺言実務では、普通は遺言で特定の相続人に財産を承継させるときは、「相続させる」という文言を使い、相続人以外の人に承継させるときは「遺贈する」という文言を使います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/22 08:41
同じ行為でも、相続人の立場によって寄与になったりならなかったりする?
遺産分割実務で、世間の常識と実務の常識が一番異なるのが特別寄与です。世間は、親孝行に対する恩賞として特別寄与制度を考えています。しかし、家裁実務では、財産上の効果のない寄与は認めません。その寄与行為と遺産の増額との間の具体的な因果関係を問題にし、因果関係がある場合にのみ、特別寄与を認めます。 たとえば、 @相続人の一人が被相続人の財産A形成に多大な貢献をした。 Aしかし、財産Aは、滅失した。 Bしかし、また新たに努力し、財産Bを形成した。 Cその時点で、被相続人が死亡した。 こういう... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/08 14:43
共同相続した不動産の相続関係
事例 被相続人父Aが死亡し、長男B・次男C・三男Dが家を相続した。父Aが住んでいた居住用家屋が唯一の遺産。 長男Bは、その家族とともに父Aの家に同居している。 C・Dは、遺産分割協議を申し入れているものの、長男Aは、のらくらりと話をかわし、なかなか話がすすまない。 そこで、C・Dは、次のような申し入れをした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/19 13:09
具体的相続分ゼロの相続人も、他の相続人の使途不明金を追及できるか
〔設例〕 被相続人が父。相続人は長男A、次男B。遺産は、500万円の不動産のみ。ただし、長男Aは、生前父から1000万円の贈与を受けており、1000万円の特別受益がある。一方、次男Bは、生前、父の口座から無断で500万円を引き出しており、500万円の使途不明金がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/19 09:32
遺産の一部分割
〔遺産の一部分割〕 遺産分割は、本来、全遺産を同時に分割するのが理想だが、事情により、遺産の一部を先に分割することがままある。特に相続税の申告期限が迫っているときなど、遺産の一部を現金化し、それで相続税を納めることが多い。あるいは税の特例を受けるために、一部の遺産だけ特定の相続人が分割取得することもある。遺産性に争いがある、あるいは一部に分割が難しい遺産がある場合、その部分を残して遺産分割する場合もある。 これを遺産の一部分割と言う。この一部分割は、遺産分割実務では当たり前のように行われてお... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/06 12:51
家事事件 今年1年を振り返って
【遺産分割】 1,若手弁護士のレベル向上が著しい。 遺産分割調停や協議・審判では、今年1年は、若手弁護士が非常にしっかりと遺産分割のロジックを身につけ、遺産分割調停や協議・審判に臨んでいることに感心することが多かった。(ただし、全然理解できていない若手弁護士も多い)。 一方、一部の高齢弁護士は相変わらずである。一部の高齢弁護士は、自分が遺産分割のロジックを知らないということを自覚してないので、素人よりも手に負えない。 たとえば使途不明金問題とか前提問題。一部の高齢弁護士には何度説明しても... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/25 08:52
特別受益と特別寄与が同時に存在する場合の具体的相続分計算方法
〔特別受益者と寄与相続人が別人の場合〕 よくあるケースである。たとえば、遺産が1000万円、相続人はA・Bの二名。Aに400万円の特別受益があり、Bに200万円の特別寄与があるとしよう。法定相続分は、各2分の1である。 この場合、まず1000万円に200万円の特別受益を持ち戻し、特別寄与分を控除する。計算式としては、以下の通りとなる。 〈みなし相続財産の算出〉 〔1000万円+400万円−200万円〕=みなし相続財産1200万円 〈Aの具体的相続分〉 (みなし相続財産1200万円÷2... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/19 12:46
遺産の一部につき「相続させる遺言」がある場合の遺留分と遺産分割の関係
[ケース] 相続人は、A・Bの二名。遺産は不動産と現金(預金ではない)2000万円。 遺言で不動産をAに全部相続させるという遺言があった。不動産の時価は1200万円。 この場合、Bの遺留分は、3200万円の4分の1、つまり800万円である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/03 12:46
相続人たる地位と相続分の関係
遺産分割を多数扱っていると、どの本にも書いていない問題に出くわすことがある。その一つが、相続分と相続人たる地位の関係である。 「相続分を有する人が相続人」と考えると、この二つは同一のものである。しかし、相続分は譲渡もできるので、相続人と相続分は別物であり、分離することもある。 なお、以下でいう「相続分の譲渡]は、「個々の遺産の相続持ち分の譲渡」とは異なる。 [事例] 相続人がA・B・Cの3人で、ともに相続分が、それぞれ3分の1ずつの事案を例にして考える。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/18 11:20
遺産分割における遺産の評価はどうするか。
[評価合意の遺産分割での位置づけ] 遺産分割をしていると、評価が必ず問題になる。 遺産分割は、@前提問題(遺言の有効性、相続人の範囲等)につき争いがないことを確認し、A分けるべき遺産は何かを確定し(遺産の範囲合意)、その上で、B遺産の評価を合意する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/24 09:33
先行相続における相続放棄は寄与にあたるか
原則として、あたらない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/10 09:47
会社に対する遺贈は、会社と相続人を倒産させる!
被相続人が、自分が作り上げた会社の永続を希望して、遺産を会社に遺贈することがある。しかし、これは、遺贈された会社に、かなりの重税が課せられるばかりか、相続人にも、譲渡所得税と相続税のダブルの税が加算されることを覚悟しておいた方がいい。 場合によっては、会社は法人税を払えず倒産することもあるし、相続人も、譲渡所得税と相続税を支払うことになり、破産に至ることもある。 このあたりの税知識をわきまえている弁護士が少ない。そのため、あまり問題意識を持たず、会社に対する遺贈を遺言書に書き込むようアドバイ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/23 10:31
遺言の有効性を解決して遺産分割は可能になる。
遺産相続紛争の特徴は、相続財産の分割以外に、色々な問題がからむことである。遺産分割をするためには, まず何を分けるのか、それを当事者間で確定する必要がある(「遺産の範囲確定」)が、何を分けるかを協議する前提として、解決しておかなければならない問題がある。これを「遺産分割の前提問題」という。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/08 08:59
特別寄与に関する誤解
遺産は法定相続分または指定相続分で分割するのが原則だが、民法は、特定の相続人に、遺産について特別な寄与があるときは、これを分割に当たって考慮しなさい(民法904条の2)と定めている。 この特別寄与は、遺産分割4大問題の一つであるが、法律の考え方と世間の考えかたが一番異なっている問題でもある。遺産分割調停では、普段は温厚な相続人でさえ、特別寄与がどういうものかを説明すると、怒り出す相続人が少なくない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/14 13:28
遺産相続の最大難関 使途不明金問題
遺産分割案件で一番難しいのは、使途不明金である。相続紛争で、相続人の一人が被相続人と同居していた場合などは、この使途不明金問題が生ずるのが普通であり、生じないときなど、「え、使途不明金問題、出てこないの?」と逆に違和感を覚えるくらいである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/01 09:29
遺産の範囲 名義人と出損(しゅつえん)者が異なる預金は誰のものか
[遺産分割調停実務での扱い] 遺産分割調停実務では、預金は、おおむね名義によって決めている。ただ、ときおり、相続人の一人から、「被相続人名義だが、事情があって被相続人の名義を借りていただけで、本当は、この預金は、相続人である自分のものだ」という主張がしばしばなされる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/03 07:21
不動産の評価と代償分割
相続人はA・Bの二人で、相続財産は土地のみ。Aは、土地取得を希望し、Bはお金で精算してもらえばいいという立場である。この場合は、Aは、Bに土地相当の代償金を支払い、Aが、その土地を相続する。その代償金の価格は、その土地の相当価格である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/21 09:07
寄与分の計算
特別な寄与が認められる場合に、その金額を算出する方法には二つある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/05 12:47
無効な自筆証書遺言を有効にする。
自筆証書遺言は、素人が作るだけに無効になることがけっこうある。多くは、日付がないとか、印鑑がない、あるいは一部がワープロ打ちになっているというもので、遺産分割実務では、こういうケースに結構遭遇する。 単なる形式的なミスで、法律関係が全く変わってしまうわけで、中には、気の毒だなと思うケースもある。例えば、永年連れ添った内妻に全財産を遺贈すると書いたが、ワープロで打ったばかりに、無効となり、ほとんど交流のなかった内縁の夫の兄弟が全遺産を相続したケース等、その結論が、明らかに個人の意思に反する結果に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/22 13:36
養子の子は、代襲相続できるか
最近は、相続人資格を取得する、あるいは他の相続人の遺留分を減らす目的で、被相続人予定者に頼み込んで、自分や、配偶者や子供を被相続人の養子にしてしまう例が、かなり多い。最近の遺産紛争の特徴は、相続発生前から、養子縁組とか遺言書という形で、相続人「予定者」の間で前哨戦が繰り広げられているのが実情だ。 その一つとして、自分の子供や配偶者を被相続人の養子にしてしまう例がある。養子は税法で認められるのは二人までだが、民法では制限がないので、何人も養子にする方もいる。 遺言書とセットで、養子縁組をする人... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/08 09:02
弁護士は遺産紛争を未然に防ぐことができるか
最近、相続分野に進出する弁護士が多く、その中で、一番多い宣伝文句が、「事前に弁護士に頼んで遺言をきっちり残しておけば紛争にならない、相続人たちは仲良く暮らします。」というフレーズです。「相続を争続にさせない」という、うまいキャッチフレーズで宣伝している弁護士もいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/21 11:25
遺産分割が未了の場合の遺留分侵害額の計算
実務的には、結構、遭遇する問題です。 例えば、父母の二人の息子(長男A・次男B)がいて、まず父が死亡した。遺産は、1億円の不動産があるだけで、他に遺産はない。 遺産分割をしないまま、母も死亡した。母は、「全財産を長男に相続させる」という遺言を残していた。母の遺産は、父の未分割の相続財産以外には何もない。こういう単純なケースを考えてみましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/04 13:00
国際相続問題は弁護士泣かせ
若い弁護士さんなんかに、「将来、どういう仕事をしたいか」と問うと、外国企業との国際取引とか、国際租税とか、そういうものと並んで、必ず「国際相続」をやってみたいと言われます。 「国際」○○と言うと、なんか、かっこいいイメージがあるんでしょうね。しかし、こと遺産分割に関する限り、弁護士泣かせの事件がほとんどです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/12 14:32
「相続させる遺言」をする際の「相続分の指定」と「分割方法の指定」
遺言書を作成するとき、全体の遺産割合を定める場合もあるが、ほとんどの遺言は、特定の財産を特定の相続人に「相続させる」というものである。 ただ、この「相続させる遺言」は、厳密に言うと、 @ 遺産分割の分割方法を指定する場合と、 A 単に個々の遺産の相続割合(相続分)を指定する場合と、 B この両方を指定する場合がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/21 15:52
どっちの勝利?
例1 具体的相続分vs相続分の指定・分割の指定 遺言で、「遺産のうち住居を、相続人Aに5分の3を、相続人Bに5分の2を相続させる」遺言がある場合、この割合は、特別寄与や特別受益による修正を受けるか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/06 11:28
「相続させる」遺言は、一言で言うと、相続による遺贈。
[民法の立場 特定財産の承継は、本来は遺贈] 遺言を作成する場合、特定の財産を特定の相続人に取得させようとするとき、民法が本来予定した形式は遺贈である。相続というのは本来包括的なもので、特定の遺産を特定の相続人に取得させたいときは、遺贈しなさいというのが、民法の考えである。 例えば、相続人が長男・次男の二人で、遺産がA不動産とB不動産。この場合、遺言者が、長男にA不動産を取得させ、二男にB不動産を取得させようと考えたとき、本来は、遺言者は、A不動産は長男に遺贈し、B不動産は二男に遺贈すべきで... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/01/26 15:34
遺産分割では、何時の時点での遺産や特別受益の評価をするのか
遺産分割では、何時の時点での遺産や特別受益の評価をするのか これは、基本的な問題ですが、誤解されておられる弁護士さんが非常に多く、困惑することがしばしばあります。最近、ある遺産分割調停事件で、ある高齢の弁護士さんに何度説明しても、頑として受け入れられてもらえず、困惑しました。「俺が数年前に遺産分割をしたときは、そうではなかった。」 その経験を踏まえてこのブログで説明いたします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/01/06 11:41
遺産分割  今年1年を振り返って
最近の遺産分割調停では、弁護士が代理人として来ることが多いです。 ただ、遺産分割に関する体験に基づいた専門的知見がなく、書籍上の知識しかない弁護士が多く、今年1年も、遺産分割調停で、代理人として、理解できない弁護士に多数出会ってきました。しかも、その弁護士の中には、ネットで、「当事務所は遺産相続に強い!」とうたっている弁護士が少なくありませんでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/21 12:30
特別縁故者に対する相続財産分与制度を使って、簡易な「限定承認」をするという裏技
相続人は、相続に際し、単純承認、相続放棄のほかに、限定承認の選択肢がある。 単純相続はプラスもマイナスもすべて相続しますというもので、逆に相続放棄は、プラスもマイナスもすべて相続しませんという制度である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/04 12:14
親を金銭的に援助したら貸金か特別寄与か
[問題点] 生活力のない親に、子供の一人Aが何かと生活費を援助してきた。毎月10〜20万円を送金してきた。その親が死亡したときは、累計で2000万円くらいになっている。一度も催促したことはないし、返済を受けたこともない。 こういうとき、子供Aは、相続手続きで、どのような主張をするか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/20 10:48
遺留分減殺請求権の行使期間
遺留分減殺は、「遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与または遺贈のあったことを知った時から1年」で時効により消滅し、相続開始から10年経過すると消滅する。 短期1年、長期10年と言われる期間であるが、厳密に言うと、1年は消滅時効であり、10年は除斥期間である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/08 10:47
遺言の効力  抵触行為を理由として遺言の効力を争う
遺言の有効性に関するトラブルは、非常に多い。偽造だ、とか、遺言能力がなかったといって争うのが普通だが、「遺言が撤回された」として争うのも、一つの方法である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/04 11:51
家事調停の進め方2  遺産分割を例として
このブログをご覧になっている方の中には、家裁に遺産分割調停を申し立てたとか、家裁から遺産分割で呼び出しがあったという人が多いでしょう。 で、今回は、具体的に、調停がどういう風に進行するか、アナタが、東京家裁に遺産分割調停を申し立てたケースで、説明しましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/26 13:18
遺産管理人(相続財産管理人)制度は、実は、あまり役に立たない
相続が発生し、遺産分割が終了するまで相続財産の相続財産を誰が、どう管理するかについて相続人間の協議が整わないとき、遺産管理人の選任を裁判所に申し立てをし、選任された遺産管理人が遺産を管理する制度があり、結構、この遺産管理人の選任申立が家裁になされている。 なお、相続人不在の場合の相続財産管理人と区別するため、遺産管理人という表現をするが、実務では、遺産管理人と言わず、相続財産管理人と言う場合が少なくない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/28 09:22
親を介護した相続人を困惑させる療養看護型寄与認定の現実
[相続人の主張] 「自分が介護で大変な苦労したが、他の相続人は、何もしなかった。当然、取り分が多くてしかるべきではないか。それが世間の常識というものだろう。」「生前、被相続人は、この私に感謝してたし、介護しようとしないほかの相続人を怒っていた」 これは、遺産分割調停で日常的に繰り広げられる主張である。法律的には、このような主張を療養看護型寄与という。 これに対するほかの相続人の反応も概ね決まっていて、以下の通りである。 「介護?あれは介護じゃない。虐待だ。」「私が行くと、被相続人は、いつ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/08 16:29
遺留分算定で差し引かれる「債務」とは
遺留分の侵害額を計算するためには、まず「遺留分算定の基礎となる数字」を算出し、そこに遺留分の割合をかけ、さらに遺留分権利者が相続や特別受益によって得た額があるときは、その額を控除し、負担すべき債務があるときは、その額を加算する。計算式は、 「遺留分算定の基礎となる数字」×遺留分−遺留分権利者の相続分と特別受益+遺留分権利者の債務=遺留分侵害額 となる。 このうち「遺留分算定の基礎となる数字」は、相続時に存在する財産に贈与財産を加え、そこから、相続債務を差し引いて計算する。計算式は、 相続... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/18 15:10
遺産分割が長引くと国債は可分になる
可分債権なら遺産分割を待たずに法定相続分に従い当然分割される。具体的相続分が問題になることはない。逆に、不可分債権なら、遺産分割の対象になり、特別寄与や特別受益を計算して具体的相続分に従って分割することになる。 そのため、遺産分割実務では、対象の遺産が可分か不可分かは、重大問題である。 例えば、銀行預金、これは明白に可分債権である。超過特別受益者も、しっかり法定相続分は取得できる。 これに対し株とか不動産、これは明白に不可分であり、当然に遺産分割の対象になる。旧郵便局の定額預金も、不可分で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/02 18:23
使途不明金関係ツール
遺産分割協議が難航する理由の一つに使途不明金問題がある。 この使途不明金問題は、遺産分割紛争が3件あれば、必ず1件はある。遺産を管理していない人からすれば、残された遺産が、予想よりもはるかに少ないとき、あるいは、通帳の履歴から不自然な支出があれば、どうしても、追及したくなる。 他方、追及される側からすると、管理しているのが親子の場合など、財布が別という意識がなく、相続が起きたのち、管理がなってないと言われても、納得できない場合が少なくない。 それだけに、この問題はルールを決めて解決しないと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/06/20 11:42
遺産「相続」に関する紛争調停は、遺産「分割」調停ではありません。
遺産相続は、多くの紛争が絡んでくる。 一番多い紛争は、分割方法が決まらないという紛争だが、遺産相続の財産の範囲が決まらないとか、隠し財産があるとか、遺言が無効だとか、遺留分減殺をするとか、相続人の一人は相続財産を使い込んだとか、あるいは、そもそもアイツは相続人ではないとか、まあ、パターンは、あるものの、多様な紛争が絡む。 当事者で話がつかないときは、訴訟するか、調停を申し立てることになる。 このとき、代理人弁護士のほとんどが、こういう相続に関する紛争調停は、遺産分割調停だと思って、遺産分割... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/08 07:55
遺産である土地建物を相続人の一人が占有している場合に、他の相続人は、明渡請求・使用料請求ができるか
被相続人が父親で相続人が子供A・B・Cの3人。 相続財産は家屋で、そのうち、子供Aは、父親と同居していた。あるいは、相続財産は土地で、子供Aは、その土地の上に家を建てて住んでいた。 こういうケースでは、子供Aは、対価を支払うことなく、土地や家屋の使用利益を独占してきたわけで、他の相続人からすると、A一人だけ甘い汁を吸っているという関係になる。そこで、遺産分割の過程で、B・CからAに対する不満が爆発することが結構ある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/27 18:16
自筆証書遺言「偽造」問題について裁判所は、どのように判断するか
最近、やたらと相談・依頼が多いのが、自筆証書遺言の有効性に関するトラブルである。「被相続人の書いたものではない」「被相続人は、書く能力はなかった」等々、その理由は、もろもろであるが、おおむね、 遺言能力がないといいう理由で無効を主張する場合と 偽造だという理由で遺言の無効を主張する場合とに 分かれる(ただし、法律的には、遺言の偽造の場合、「無効」ではなく、「不存在」である)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/07 14:28
家事調停には3種類ある。
調停というのは、話し合いの場であり、訴訟のような厳格な様式制はない。そのため、ともかく家事調停を一つ申し立てれば、その調停の中で関連するものは、何でも処理してくれるだろうと期待して、調停を一つだけ申し立てる当事者や代理人がいる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/25 09:38
遺産分割調停手続きQA7
Q1 当事者の中に非嫡出子がいる場合、どうするか A1 最高裁の判例(H25・9・4)は以下の通りであり、これにしたがって処理をする。 1,非嫡出子の相続分を嫡出子の相続分の半分とする規定(民900W但書前段)は、遅くとも平成13年7月当時において憲法14条に違反していた。 2,この決定は、平成13年7月から平成25年9月4日までの間に開始された相続については、遺産分割の審判その他の裁判及び遺産分割の協議その他の合意等により確定的なものとなった法律関係に影響を及ぼさない。 3,この決定は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/16 09:22
相続人を激怒させる家業従事型特別寄与
特別寄与は、使途不明金問題、遺産の範囲問題、特別受益問題と並んで、家裁を悩ます四大問題である。使途不明金、特別受益が「あいつだけ甘い汁を吸っていた」として、相続人が他の相続人を追求するという訴訟法的構造を持つのに対し、特別寄与は裁判所に対し「自分の貢献を認めてもらいたい」という非訴訟的構造を持つ。そのため、特別受益と異なり、特別寄与は、遺産分割調停・審判とは別に申立をする必要があるし、家庭裁判所の調査官調査を経て裁判所が判断する仕組みになっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/04 11:33
遺産分割と税務―お得な代償分割 と 早期換価
相続財産というのは、ある相続人にとっては、永年暮らしてきた生活の場であり、また、ある相続人にとっては、永年従事してきた仕事そのものでもあります。数字上は同じ相続財産でも、特定の相続人にとっては、単なる財産とは割り切れない場合があります。また夫婦の場合には、被相続人の財産と言うより、実質的には、夫婦の共有財産と言うべき場合が少なくありません。 こういう人達は、遺産を取得して数字上は担税力が増加したとしても、実質的には、それほど担税力が増加していないと考えられます。 そこで税法は、その相続財産を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/20 11:24
全当事者の同意があっても遺産分割の対象にできないもの
遺産分割調停のスタートは、「何を分けるか」を決めることからスタートする。何を分けるかが決まらなければ、議論がすれ違うからである。合意ができれば、遺産の範囲を決める中間調書を作成する。 東京家裁では、遺産の範囲に関する中間調書は、どんなに遅くとも、3回目までに作成するように運用している。 弁護士の中には、どうしても、この点を理解できない方がおり、遺産の範囲は、誰が何を取得するかを決める中であわせて協議すると言って、譲らない弁護士がおり、協議が難航することがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/05 17:05
遺産分割審判における不動産の現物分割の取り扱い
遺産分割では、現物分割が原則である。不動産においても、建前上は、現物分割が原則とされる。 しかし、これはかなりの弁護士が勘違いしているのだが、不動産の現物分割というのは、一筆の土地を物理的に分けることではない。A土地は相続人Aに、B土地は相続人Bに、それぞれ相続させるのが現物分割であり、遺産分割の原則形態としての現物分割とは、このような趣旨である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/05 13:36
超過特別受益者がいる場合の具体的相続分の算定
一部の相続人が、本来の相続分を超えて特別受益を受けていた場合、その他の相続人の相続分はどうなるか?これは、遺産分割実務の中で、時々生ずる問題である。今、自分が受任している遺産分割事件でも同様の問題がある案件が、いくつかある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/10 14:02
「遺産の範囲」に関する遺産分割調停の進め方 使途不明金  隠し遺産の問題  分割対象にならない遺産
遺産分割調停が、他の調停と異なる点は、本来の遺産分割調停と当事者が遺産分割調停に求めるものとの間に、かなりのギャップがあることである。特にそれは、遺産分割調停で、どこまでを調停の対象にするかという点に端的に表れる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/19 15:56
具体的相続分と指定・法定相続分の関係を論理的に説明する
前回のブログで、具体的相続分のことを説明したら、かなりの反響があり、びっくりしました。今回は、「ともかく、実務は、そうなっているんだ」と決めつけず、司法試験の論文式試験みたいに理屈で説明します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/05 15:45
特別受益の持ち戻し免除の意思表示が認められる場合
相続人の一人に特別受益があるときは「遺産の前渡し」があったとして、相続分の計算をします。 例えば、被相続人が父Aで、相続人が子供B・C。遺産が1000万円の不動産。Bは、生前、Aから1000万円の贈与を受けている。 このケースでは、遺産である1000万円の不動産に生前贈与の1000万円を組み戻し、遺産総額を合計2000万円とみなします。これを法定相続分で割ると、各人の取得分は1000万円になりますが、Bは、すでに1000万円をもらっているので、Cが1000万円の不動産を取得し、Bの具体的相続... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/21 17:43
家事事件手続き法の施行で期待される「調停に代わる審判」
家事事件手続き法が施行され、色々と変更されたものがある。その一つが、離婚成立期日以外なら、離婚調停が電話でできるようになったことだ。遺産分割では、すべてが電話でできる。 申立人は、今まで、調停の都度、相手方住所地に行かないとだめだったのが、これで大幅に申立人の負担が減るのではないかと期待している。ただし、電話調停で非公開性をどうやって確保するかという難しい問題があり、現在のところ、東京家裁でも、数件しか実地例がないという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/01 16:18
多くの弁護士が誤解している「具体的相続分」という概念 ホームページの間違えた記載を例に
遺産分割協議をしていて、相手の弁護士に何度説明しても、どうしても納得してもらえない問題がある。それは、預金等の可分債権は、特別受益や特別寄与の修正を一切受けないことである。これは、家裁の実務では常識的なことで、議論の対象にさえならないのだが、遺産分割実務の経験が少ない弁護士には、どうしても受け入れがたい議論のようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/10/16 10:13
遺産分割のエンドレスー使途不明金問題
家裁の遺産分割部を悩ます4大問題は、遺産の範囲、特別寄与、特別受益、そして使途不明金問題である。そのため、現在の東京家裁は、この4大トラブルに関し、当事者への理解を求めるため、説明用の図面―チャートを作成し、今年の後半からこれを調停で利用する予定である。 このうち、遺産の範囲の問題は、訴訟で解決してくれと言えばすむ問題である。また、特別寄与は調査官の調査で解決できるし、特別受益は裁判官の判断で解決できる。 問題なのは、使途不明金である。これはつきあうと際限がない。エンドレスなのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/10/03 09:05
投資信託は、遺産分割の対象になるか
遺産の中には、遺産分割の対象になるものとならないものがある。例えば預金などは、遺産分割の対象にならないことは明白であり、逆に株式が遺産分割の対象になることも明白である。 これに対し、投資信託は、遺産分割の対象になるのか、ならないのか、いまいち明確でない。その原因は、投資信託の複雑な仕組みにある。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/09/19 17:21
特別受益・特別寄与で弁護士が一番勘違いしている点―「生計同一者」問題
多くの遺産分割事件の処理を通じて、遺産分割にある程度精通している弁護士でも、「え、この先生、こんなこと知らないの?」と思うことがある。それは、特別寄与・特別受益に関する生計同一者の立場である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/31 10:41
株式の遺産分割
株式の遺産分割は、一件簡単なようでいて、実は、かなり難しい問題がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/14 10:12
相続人が行方不明の場合のキライジベンサイ
キライジベンサイという言葉を知っている人は、弁護士を含めて少数だろう。弁護士でも、たいていの人は、この言葉を知らないはずだ。しかし、遺産分割では、このキライジベンサイという言葉は、結構、日常的に使われる用語である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/24 08:16
遺留分を無効にする裏技―相続放棄
被相続人の財産は、被相続人の所有物ですから、本来は、何をしようと自由です。全部公共団体に寄付してもいいし、家族に残さず、全部、愛人にやってもよい。 ただし、被相続人の自由だといっても、相続人は、被相続人の財産に一定の固有の権利があります。遺留分と言われる権利で、妻や子供が相続人のときは全財産の半分、亡くなった方のご両親のみが相続人の時は3分の1が遺留分です。 (なお、被相続人の妻と被相続人のご両親が相続人の時も半分が遺留分です。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/05 08:31
遺産分割の判決は事前に予測できるから、孫子の兵法を適用する
孫子の兵法に、「戦うべきと、戦わざるべきを知る者は勝つ。兵力に応じた戦いを出来る者は勝つ。」とあり、「優勢なら攻め、劣勢なら退く」ともあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/13 08:26
学費は特別受益になるか?
遺産分割で頻繁に争われる争点の一つに、子供間の学歴の差があります。例えば、長女は公立中学校卒、二番目の長男は、小学校から大学まで一貫校の私立。昔の男子偏重の風習から、こういうパターンは、結構あります。そこまで極端でなくとも、一人が留学したり、医学部や芸術系学部に進学すると、教育費の格差が子供達の間で顕著に出ます。 こういうケースで、親が子供に要した学費を総額で計算すると、結構の金額差がでる。少ない学費の相続人としては、当然、その不公平を相続で精算したいから、多い学費の相続人の特別受益を主張し、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/25 14:28
遺産分割における不動産の評価―借家権減価と借地権減価
不動産の評価は、時価で行う。時価は、分割時の時価であって、特別寄与等の計算をするとき以外は、分割時の時価を基準とする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/10 12:11
遺産分割基準
遺産分割で一番揉めるのは、分割基準である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/25 08:41
遺留分行使の対象物が売却・処分されたときは、どうなる?
遺贈・遺言で、あるいは生前贈与等で、遺産が特定の者に集中し、他の相続人の遺留分が侵害されたとき、相続人は遺留分の侵害を理由として、目的物の返還を求めることができる。 例えば、被相続人が父、相続人が2人の子供AとBの2人、遺産は、不動産のみの場合、生前贈与、あるいは遺言で、この不動産が相続人Aに移転されたら、相続人Bは、Aに対し、遺留分侵害を理由として、不動産持ち分の4分の1の返還を求めることになる。 この持ち分は、遺留権減殺の意思表示により当然にBに帰属し、もしその不動産に法定果実があるとき... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/02 15:45
特別寄与の判断基準は、「精算」か「衡平」か
遺産分割で一番もめるのは、特別寄与の有無とその額である。 現在、東京家庭裁判所家事5部(遺産分割専門部)は、特別寄与を「精算」ととらえ、その寄与額を計算している。 ところが、いまだに「衡平」という観点から、寄与分をとらえる人が多い。素人の当事者は勿論、代理人の弁護士まで、独自の「衡平」基準から、素っ頓狂な寄与分の主張を行う例が非常に多く、裁判所を困惑させているのが現実だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/09 15:45
年末にあたってその1 遺産分割協議をどう進めるか
本年も、あとわずかになりました。総括という意味で、今回は、遺産分割協議というものをどのように進めるのか、という基本的事項を説明したいと思います。というのは、最近、弁護士間で遺産分割協議を進行している事件を途中から受任したことがあり、その協議進行が、あきれるような内容だったので、ここで改めて基本的な説明したいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/12/18 11:22
相続における「公平」は100人100様  どっちが正しい?
公平でない、不公平だ、これは、どの民事事件でも聞かれる言葉だが、遺産分割においては、日常的に聞かれる言葉である。 いくつかの例を挙げよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/01 15:14
生命保険は特別受益に該当するか?
遺産分割でよく揉める原因の一つに、相続人の一人が生命保険金を受領したケースがある。 世間常識からすれば、相続も生命保険も、ともに「被相続人が死亡したことでもらえたお金」だから、相続財産だろうとうことになる。 しかし、相続人は生命保険金を「相続」によって取得したものではなく、「保険約款で取得」したものだから、生命保険を「相続した」財産ー相続財産とするのは困難である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/17 16:49
夫が死んだら、夫の親の家から出て行かなければならないの?出て行く必要はありません!!
親族間では、無償で親族の家に住むことが珍しくない。というか、普通は家賃をとらないだろう。 こういう関係を使用貸借というが、民法599条は、借り主が死亡したら、その使用貸借は終了すると定めている。 そうすると、例えば、夫が父親の所有する土地に家を建てて無償で土地を利用しているとき、夫が父親より早く死亡したら、残された家族は建物を撤去して、そこから立ち去らねばならないのだろうか? 例えば、夫が父親の所有する家に無償で住んでいるとき、夫が父親より早く死亡したら、残された家族は立ち去らねばならない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/27 11:30
債務の相続は、やたらと複雑である。
可分債権も可分債務も、相続と同時に分割される。だから、遺産分割の余地はない。もっとも、分割債権は、遺言書があればそれに従うし、また、当事者の意思表示があれば、遺産分割の対象にすることができる。被相続人や相続人の意思で、柔軟に対応できる。 ところが可分債務は、そうはいかない。例えば、相続人が2人の子供A・Bだとして、いくら遺言書に、借金は、全部相続人Aが負担しろ、と記載してあっても、借金はAとBに、各2分の1ずつ相続される。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/13 11:48
遺産分割案件で日常的に生じている弁護士過誤―葬儀費用
遺産相続法では、世間の常識とは異なる基準がある。そのため「普通の弁護士が普通に誤解している」ケースが少なくない。 例えば「預金が遺産分割の対象にならないこと」、「親の家業を助けたり親を介護しても、実は、ほとんど相続分に反映されないケースが多いこと」は、その一つの例である。このあたりを正確に認識している弁護士は、非常に少なく、誤解している弁護士のほうが普通であることは、前々回のブログで述べている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/20 08:30
遺産分割における弁護士のとんでもないアドバイス
遺産分割は、相続法にのっとって行われるが、相続法特有の独特の考え方があり、これをマスターしてない弁護士にあたると、とんでもないアドバイスがしばしば行われ、相談者が不測の損害を受けることが少なくない。 これほど、勘違いし、あるいはミスを繰り返す分野は、他にないのではないか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/01 16:22
預金の相続に際して特別寄与、特別受益が一切考慮されない。なぜか?
被相続人の残した預金は、遺産である。しかし、遺産分割手続きの対象にならない。対象にならないから、いくら相続人に特別寄与があっても、特別受益があっても、一切考慮されず、当然に法定相続分に従い分割される。 その結果、遺産が、たまたま預金か不動産かで、かなり異なった結論となる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/17 09:23
尽くしてくれた人のために遺言書を残すと、かえって仇になることがある。
「遺言」でググると、弁護士のホームページが山ほど出てきて、そのいずれもが「お世話になった人に財産を残すためには遺言書の作成が必要です」「是非とも当事務所に遺言書の作成をお任せください」と宣伝している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/28 08:47
遺産分割における弁護士の脱線行為
遺産分割は、審判でもないかぎり、当事者全員が協議して合意する必要がある。これは、家庭裁判所の調停でも、当事者間による遺産分割協議でも、同様である。 ところが、高齢化社会の進展に伴い、ときおり、相続人の中に、法律的な有利不利を判断できない相続人がいることがある。 この場合は、成年後見の申立をし、成年後見人を選任したうえで、遺産分割協議をすることになる。もっとも、他の相続人が後見人の時は利益相反関係になるから、特別代理人を選任する必要がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/07 12:56
子ども達が母親のために相続を放棄すると、とんでもないことが起きる。
先日、ある相談者から、セカンドオピニオンを求められた。ネットで「相続のスペシャリスト」をうたっており、無料だというので、ある弁護士に相談したのだが、「スペシャリスト」とうたっているわりには、あまり詳しくなさそうなので、不安になって、当事務所を訪れたのだ。 事案の概要は、単純なもので、「父親が死亡した。子どもが3人いるが、母親は苦労したので、全部母親に相続させたい、どうしたらよいか」という典型的な相談だった。被相続人の両親はすでに死亡しているものの、兄弟姉妹がいるという。 で、その「相続のスペ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/23 09:24
遺産分割では審判は終局的解決にならない
遺産分割調停では、不調即審判移行というわけではない。代理人の中には、ともかく主張するだけ主張して、早く審判に移行してくれと騒ぐ弁護士がいるが、審判に移るためには、調停で特定事項についての合意ができていないと審判には移れない。 養育費や婚姻費用・面会交流などは、「不調 即 審判」だが、遺産分割はそうはいかないのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/08 14:12
遺産分割ー相続人による預金の使い込み問題
遺産分割事件を多数処理していると、どの遺産分割事件でも提起される問題がある。その一つが、一部の相続人による「被相続人の預金使い込み事件」である。自分の経験からいうと、10件の遺産分割事件があれば、8件くらいは、必ず提起される問題である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/23 09:43
遺産分割の最大の争点は不動産評価 
遺産分割で一番問題になるのが不動産の評価である。 遺産分割において不動産は、原則として、時価評価である。以前、遺産分割調停で「不動産の評価は時価か固定資産評価かについては争いがある」と堂々と発言をした弁護士がいたが、実務では時価評価であることについては異論はない。たぶん何か本にその類のことが書いてあったのだろう。 ただ、時価といっても、はっきりしない。そのため、便宜上、固定資産評価によったり、路線価によったりする場合があるが、それは、「とりあえず固定資産評価や路線価で時価を定めよう」という便... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/18 08:25
遺産相続「特別受益」に関する弁護士の誤解 なぜ滅茶苦茶な主張をする弁護士の方が信頼されるのか?
この前、車でラジオ放送を聞いていたら、某法律事務所の弁護士が、遺産相続における特別受益について説明していた。 特別受益というのは、相続人が生前何らかの利益を得ていると、場合によっては、遺産の前渡しがあったとして、その人の相続取り分から差し引く制度である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/18 08:47
遺産相続はなぜ揉めるのか
遺産相続案件を多数扱っていると、相続人間の「欲と欲のぶつかり合い」には、ときおり困惑することすらあるし、ここまでやるか、とあきれる事もある。 しかも、最近の遺産相続の特徴は、以前なら被相続人の年齢世代の人達が、今は、相続人として、ぶつかり合うことである。50代後半から60代、70代の人たちが、今更、親族関係を犠牲にしてまで遺産争いをするのか、と思うこともある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/29 11:06
年末にあたって その1 遺産分割調停申立を有利にすすめるコツ
遺産相続の紛争の特徴は、単に遺産を分割するだけでなく、それに関連する紛争が多数セットになっていることだ。相続人か否か、相続された土地に相続人の一人が借地権を有しているのか、遺言書作成時に被相続人は遺言能力があったのか、等々、色々な問題が絡み合ってくる。その中でも、特に多いのが、被相続人遺産を管理していた相続人の一人が、生前被相続人の預金等を使い込んだのではないか、という問題である。 自分の経験から言わせると、遺産分割案件の3件に1件くらいは、必ずこの問題が登場する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/13 08:36
「幸福な老後」を実現するための遺言方法は、任意後見とセットにすること
世間では「遺言セット」が売れたり、弁護士等が遺言書作成業務を大々的に営業したり、高齢化社会を迎えて、いまや、遺言が重要なキーワードになりつつある。経営コンサルタントなどは、弁護士に、過払い金のあとは遺言書作成業務だと「経営指導」しているようである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/06 07:48
遺産分割調停は、そんなに時間がかかりません。但し、例外あり。
遺産分割調停事件の依頼を受けることが多いが、一番、多い質問が「解決までに、どれくらい時間がかかるか」ということである。 「遺産分割調停事件はすごく解決までに時間がかかる、5年、10年は当たり前」 という都市伝説が流れている。依頼者の中には「調停は時間がかかるから、協議でしてくれ」と言われる方もいる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/15 10:57
遺産相続に関する弁護士のホームページは やたらミスが多い
債務整理・過払い案件が急激に減少してきたせいで、交通事故と遺産相続分野に参入してくる弁護士が増えてきた。離婚問題が親子・家族の関係はいかにあるべきかという思想的な対立を含むのに対し、遺産分割も交通事故も、思想性は薄く、純粋に数字の世界だけに、債務整理業務から移行しやすいのだろう。 ただ、にわか専門家だけに、そのホームページの記述には、非常にミスが多い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/29 16:23
遺産分割における弁護士のとんでもないアドバイス
前回、離婚訴訟で、弁護士のとんでもないアドバイスを紹介したが、今回は、遺産分割での弁護士のとんでもないアドバイスを紹介しよう。 離婚では、相手を追い詰めて有利な条件を獲得しようとすると、とんでもないことになる、と述べた。裁判所の判断には、かなり情緒的な要素がからんでくるからだ。 これに対し、遺産分割では、やたら情緒的な問題は持ち出すべきではなく、ともかく、徹底的に数字だけと割り切る必要がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/09 08:35
遺産分割における特別受益に関する誤解
生前、被相続人から特別な受益があった場合、遺産の前払いがあったとして、遺産の取り分から減額される。 遺産分割でも、代理人となった弁護士が、しばしば、この特別受益を主張し、裁判所を困惑させている。「困惑」というのは、多くの弁護士が、すっとんきょうな主張をするからだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/05 18:25
遺産分割でよくあるケース 「後妻(の子供)vs先妻の子供」「正妻の子供vs婚外子の子供」
遺産分割でよくあるパターンは、親の商売を継いだ相続人と、それ以外の相続人の対立である。これに次いで多いのが、後妻と先妻の子供達、あるいは後妻の子供達と先妻の子供達の対立である。 人は立場によって、まるで違って見えると2011年7月8日のブログで述べたが、同様なことが、このケースでも言える。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/05 08:17
親の商売を継いだことを遺産分割でどう評価するか?
遺産分割でよくあるパターンは、親の商売を継いだ相続人と、それ以外の相続人の対立である。おそらく遺産分割事件では、一番、多いパターンだろう。 「立場が違うと、まるで違って見える」という図式がぴったりとあてはまるケースの一つである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/08 08:13
遺産分割では、話がつかないと、審判に移れません!!
遺産分割そのものの事件数が少ないので、遺産分割に詳しいとホームページで宣伝しながら、実は、ほとんど知らない弁護士が多い。 詳しいかどうかの目安は、ホームページの記事で、これを読むと一目瞭然だ。読んだ瞬間、「あ、こいつは素人だ」とわかるのは、「当事者間で協議できないときは審判に移ります」という記事。 「まず調停で話しあい、話がつかないときは、審判に移ります。」という記事は、いたることころに氾濫しているが、これは、100%嘘とは言わないけれど、ほとんど正解ではない。他の家事事件と異なり、あるレベ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/15 08:05
今年1年の総決算その1 遺産分割について
新年を迎えたと思ったら、あっというまに12月で、街を歩くと、もうクリスマス商戦一色である。 このブログも、今年は、今回を含めてあと2回。来週は例年通り離婚原因について述べるので、今回は、総決算の意味も含めて遺産分割について述べたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/14 08:48
遺産分割に関する弁護士の誤解−遺産の範囲を正確に理解しよう
遺産分割に関するトラブルは、日常的に起こるトラブルで、うちの事務所でも、遺産分割調停案件を、かなりの数、抱えている。統計をとったわけではないが、件数だけからすると、おそらく全国でもトップレベルだと自負している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/11/30 14:23
遺産分割調停が長期化する原因
遺産分割の調停を申し立てる際に、依頼者から、必ず言われるのが、「長期化しませんか?」という質問である。 確かに、東京家裁では、かつては「10年以上調停が続いた」とか、「あまりにも長期のため、途中で当事者が死亡した」とか、という話があった。 しかし、現在は、調停そのものをシステム化しているので、大体、1年程度で終了しているようである。 それでも、どうしても、長期化する遺産分割もある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/12 08:29
遺産分割における当事者の不満
遺産分割で一番揉めるのは、当事者から寄与の主張がなされた場合である。特別受益に関しては、不思議なことに、あまり揉めない。 「相続人OOは何もしなかった。親不孝者で、親はいつも嘆いていた。自分は、これだけ親に尽くした。なのに、なんで相続分が同じなんだ!!」というのが遺産分割で一番揉めるパターンだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/06/29 06:56
調停の駆け引きのなれの果てー「調停を成さず」
調停の終了原因には、成立・不調・取下げのほかに、「調停を成さず」という裁判所の処分がある。ただ、この制度を知っている弁護士は、ほとんどいないだろう。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/09/10 08:21
税法上の遺産と民法上の遺産との違い
遺産分割をするには、まず遺産の範囲を決めなければならないが、この遺産を理解していない人が多い。弁護士にも、これを正確に理解している人は少数である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/27 08:21
相続放棄の熟慮期間その2
(前回の続きです。前回のブログをお読みでない方は、まず、そちらをお読みください) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/11 15:28
相続放棄の熟慮期間その1
民法は、相続の放棄ができる期間を、相続の事実を知ったときから3ヶ月と定めているが、これを悪用する金貸しが結構いる。金を貸した相手が死亡しても、すぐには取り立てに行かず、とりあえず3ヶ月待つ。そして3ヶ月経過すると相続人のところに押し掛け「おまえら、金返せ!」と迫る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/05 08:10
相続分がゼロになる場合
弁護士に遺産分割事件を依頼する場合、自分の取り分が法定相続分より少なくなることを予想して依頼する依頼者は、あまりいないだろう。ましてや、ゼロになってしまうケースなど考えても見ないだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/30 08:50
相続放棄の期間 3ヶ月を経過しても、相続放棄ができる場合
高松高裁で、面白い判例が出た。家裁裁判月報平成20年No10号に記載されている高松高裁平成20年3月5日の決定だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/24 07:26
[身分行為と権利乱用]
民法の第1条は、権利の乱用は許さないという規定です。 この規定は、主に、財産権的な権利を念頭においていますが、特許法改正前の規定で特許等に無効原因がある場合に使用された以外は、あまり、使われることはありません。この条項を持ち出すときは、その事件は、正直、「負け筋」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/12 09:09
長男からの遺産分割
遺産分割でこじれるパターンは、大体、決まっていて、典型的なパターンの一つが、長男が父親とともに働いていて、被相続人の財産形成に寄与した場合である。こういう場合、長男は、自分が他の相続人と同じ相続分というのはおかしいのではないか、と考え、遺産分割が紛糾する。 あるいは。家業を手伝っていなくても、長男、あるいは長男の嫁が、生前、被相続人の世話をしてきた場合があり、こういう場合にも、やはり、均等相続ではおかしいと考える。 そこで、こういう場合、代理人の弁護士から「特別寄与」の主張がなされることもあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/23 08:16
遺産分割を知らない弁護士
遺産分割を受任していて、基本的知識に欠ける弁護士が非常に多いことには閉口する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/29 08:48
信託と家事事件その2
今日は、先々週述べた家事事件と信託法についてです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/02/01 17:54
信託と家事事件その1
信託法という法律があります。一般にあまりなじみがなく、おもに、財産法の特殊分野の取引に適用範囲は限られていました、。 ところが、昨年の法改正で、この信託法が、家事事件に非常に便利な法律になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/18 13:45

トップへ | みんなの「遺産相続一般」ブログ

離婚・相続専門弁護士 間違いだらけの離婚・相続/ 遺産相続一般のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる