アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「面会交流」のブログ記事

みんなの「面会交流」ブログ

タイトル 日 時
審判だけでは解決できない子供の引き渡しの強制執行
親子問題で、親権・監護権がこちらに来た。しかし、相手は引き渡さない。こういう場合は、判決や審判に基づいて、動産執行の一態様として子供の引き渡しを求めることになる。 普通、動産執行というと、自動車等の「もの」が対象だし、目的も金銭回収。純粋にお金だけの問題。ところが、「子の引き渡し」は、対象が子供であり、目的は、金ではない。おそらく、執行官の諸々の業務の中で、一番難しい執行でないか。面会交流事件を割り振られた調停委員会が、「うーん」とうなるのと同様、執行官も、「子の引き渡し」事件を割り振られたら... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/18 12:56
「監護者の指定」に関する諸原則だけではにわかに解決しがたいケース
親権・監護権の帰属は、ある程度、場数を踏んでいると概ね予想できる場合が多い。 監護権・親権の帰属判断には、継続性の原則・母性優先の原則・子の意思の尊重原則・比較考量の原則・奪取の違法性等があり、多くは、この原則に従って判断する。この原則を適用して、それが一つの方向を向いているなら、判断は簡単である。 例えば、妻が子供を連れてDV夫から逃げ出した、こういう場合、誰がどう考えても、親権者は妻である。DV夫が、「子育てには金がかかる。しかし、妻には経済力がない。」と言っても、「なら、アナタが、十分... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/05 15:05
これからの面会交流の「正義」の話をしよう
設例1 父親は、精神的に不安定な母親が子供を虐待しているとして子供を連れ去ったが、裁判所から子供を母親に引き渡すよう命じられ、以来、子供とは面会ができていない。 家庭裁判所に面会交流の調停を申し立てたが、母親は、一切拒否。裁判所は調査官に面会交流の可否を判断するために調査官を子供のいる家庭に派遣しようとしたが、母親はそれも拒否。母親の精神状態がかなり不安定なことが窺える。 こういう母親だけに面会交流の必要性があることは明白だが、面会交流開始のための試行面会さえ目途が立たない。 子の福祉を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/23 21:09
子の引き渡しの保全処分が認められる基準
別居中の夫婦間において、夫婦の一方が、他方のもとで事実上監護されていた子供を連れ去った場合、連れ去られた親は、子の引き渡しと監護者指定の審判を求めるとともに保全処分の申し立てをします。審判が出ても抗告されると確定せず、直ちに強制執行ができないからです。 しかし、いかなる場合にこの保全処分が認められるかは、いまいちはっきりしない。 これについて、いくつか参考になる東京高裁判例があるので、そのうちの二つを例に挙げてみよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/03 10:14
100日面会交流で親権変更の判決
昨年、話題になった「離れて暮らす親と子どもとの面会交流に積極的な父親に親権を認めた千葉家裁松戸支部判決」。結局、東京高裁でひっくりかえったけど、代理人弁護士が記者会見まで開いたものだから、すっかり話題になりましたね。 こういう判決って、これが初めてではなく、実は、ときどき、出ているんです。ただ、家裁の審判は非公開だし、担当弁護士も記者会見まで開かないから、話題にならなかっただけです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/28 08:29
家事事件を通してみた児童虐待
わが国の法制度で最大の欠点は、家庭内の弱者を保護する制度がないということである。親子問題でいえば、虐待する親から、虐待されている子供を速やかに救出できる制度がない。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/11 10:18
面会交流阻害の原因
〔面会交流の難しさ〕 面会交流事件を多数扱っていると、この問題が単純に割り切れない、難問中の難問であることがわかる。 世間では、面会交流を認めるべきか否か、面会交流は権利か否かという単純な問題提起がされているが、現場を知らない人の意見であり、問題提起そのものが間違えている。 面会交流は認めるべきか否かではなく、どういう場合に、どのように認め、どういう場合に認めないか問題なのだ。しかも、これを単純に類型化できない点に難しさがある。 ちなみに、最近は、面会させない親に対し、千葉の松戸で出た判... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/27 10:22
面会交流に関する二つの見解
面会交流は、非監護親からは、「親が子供に会う権利だ」とする意見がある。同時に、監護親である母からは「産んだ母親が面会させるべきか決める権利があり、家裁は口を出すべきでない」という意見もある。 この正反対の考えは、実は、根っこは同じである。いずれも、親の子供に対する権利という側面を強調した考えである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/07/29 08:53
再婚による面会交流の中断
円滑に行われていた面会交流が、中断する。実務では、しばしば遭遇するケースだが、その原因の一つが再婚である。 我が国の婚姻数のうち、約4分の1は再婚という統計があるそうで、今や再婚は、ふつうに行われている。我々が若い頃は、後家さんが再婚すると、「死んだ夫に失礼だ。貞操観念のない女だ」なんてまじめに非難する人もいたが、今は、そんな議論など笑い話のレベルだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/29 09:54
面会交流事件は一番難しい
弁護士が扱う事件は多種多様で、簡単な事件もあればやたらと難しい事件もある。一番難度の高い事件は何かといわれると、個人的には、一番難しいのは、面会交流事件だと思っている。 「会うか会わないか、会うとしたら場所と回数を決めればよい」と割り切れば単純な事件だが、実際は、そうはいかない。難しい原因はいくつかある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/07 11:59
「子どものために離婚しない」は本当か?
離婚相談をうけていて、しばしば、「別れたいが子供のために離婚できない」という発言を聞きます。 本当にそう思って発言している人もいれば、自分が離婚したくない気持ちを素直に表現できず、子供のせいにして離婚拒否しているケースもあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/16 07:43
親が再婚した場合と面会交流の是非
[面会交流制限事由] 離婚した場合、子供には、経済的援助と精神的援助が必要になる。経済的援助は養育費であり、精神的援助は面会交流である。離婚先進国の欧米諸国では、この二つの援助は、子に対し非常に重要で、これを怠ることは子供に対する虐待であると広く認識されている。 我が国でも、面会交流は、禁止事由(DV、虐待)がない限り、原則として面会させるべきだという点では、実務は一致しているが、関係当事者の意識が欧米と異なっており、またDV、虐待の存在そのものに争いがあることが多く、面会交流に関するトラブ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/30 08:50
子の拒絶は面会交流拒否の理由になるか?弁護士の責任
監護親が面会交流を拒否する理由として一番多いのが、「子供が会いたがっていない」という理由である。 ただ、家庭裁判所は、監護親が、いくら子供が面会を拒否しているといっても、それをそのまま、素直にはうけとらない。多くのケースで、子供は、監護親の影響を受けて拒否しているからである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/15 11:30
家庭裁判所は、面会交流における「子の福祉」をどのように考えているか?DVケースで
面会交流を求める側も、拒否する側も、大義名分に使われるのが、「子の福祉」である。子どもと会うことが子の福祉にかなう、いや、会わせるとかえって子の福祉に反する。面会交流で対立する当事者が、ともに「子の福祉」を理由にする。 これは、「子の福祉」という概念が非常に曖昧だからだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/30 14:09
夫婦親子問題に解決に必要な知識とは  1年を振り返って
もうすぐ1年が終わります。 今年も、離婚事件や親子問題の難しさを痛感した1年でした。 以前、大量生産型債務整理事件処理で名を馳せた某弁護士が、その著作のなかで、「離婚事件は単純だ、離婚原因、親権、財産分与、慰謝料、面会、この5点のポイントをマニュアルに従って事務員が事情聴取し、それ以外の人生相談みたいな部分は意味がないので取り上げない。そうすれば、迅速に解決できる」と言っておられました。 まあ、こういう考えもあり、これはこれで間違いであるとは思いません。 ただ、こういう割り切った考えは、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/25 18:26
面会交流と間接強制に関する家裁の考え方
最高裁は、面会交流と間接強制について、以下の原則を示していることは、従前のブログで述べた通りであり、それは、概略以下の通りである。 http://mori-law-office-blog.at.webry.info/201408/article_4.html [第1原則] 面会交流の調停条項としては、できるだけ当事者の協議・協力にゆだねるような条項が望ましい。間接強制を可能とするのは、やむを得ない場合に限られる。 [第2原則] しかし、以下の3点につき、給付請求が可能な程度に具体的に条... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/13 14:41
家事事件とDSM―5  消えた「アスペルガー・広汎性発達障害」概念
面会交流や親子問題では、精神医学の基礎知識が欠かせない。弁護士は、法律論の勝敗だけで考えず、その行為が、子供の心にどういう影響を与えるのか、どうするのが、その子の発達に一番役立つかという観点から事件処理をしなければならない。そのためには、交通事故で弁護士に整形外科的知識が必要になるのと同じように、夫婦親子問題では、精神医学・児童心理・児童教育学等についての最低限の知識が不可欠だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/13 08:23
面会交流の間接強制を認めた最高裁判例とそれ以降の家裁実務その1
間接強制は従来の実務では認められており、それを前提として、平成25年1月1日施行の家事法では、すでに面会交流を履行命令(290条)の対象から外している。そして、最高裁は、平成25年3月28日、調停条項に基づく面会交流について間接強制の可能性に関する判断を示し、従来の実務を容認した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/08/30 15:52
妻がアスペルガーの場合、面会交流をかたくなに拒否する
今、離婚事件で当事者が一番感情的になりやすいのが面会交流である。特に父親は、親権を奪われたうえに、子供とも会えないとなると、それは父親として生きることの否定そのものにつながるから、何が何でも子供との面会交流は実現したいと思うのは、人間として、当然の感情である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/08/15 10:34
面会交流に適さない非同居親 特に父親について  家裁の見極め基準
面会交流は親の権利だと思っておられる方がいますが、現在のところ、面会交流は子供の権利であり、非同居親は、反射的効果として、子供に会えるにすぎない、というのか家裁実務家の共通認識です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/11/28 09:04
家裁では、面会交流に際し、子の意思をどのように把握しているか
民事事件、刑事事件が減少しているのに対し、家事事件が増加している。増加している家事事件の中でも、面会交流の調停申立件数の増加が顕著である。平成11年を基準にすると、父からの申立は5倍以上、母からの申立は約3倍に増えている。 子の年齢から見ると3〜7歳が多く、回数は月一回が多い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/14 21:48
面会交流を強制するのはプラスかマイナスか
家事事件で、この数年で激変したのは、面会交流を巡るトラブルである。 親権・監護権は、とられてしまったが、面会交流だけは、できるだけ多く実現したい。これが面会交流を求める非親権親の考えである。逆に、親権者は、この面会交流をできるだけ制限しようとする。 ここから、離婚に継ぐ、第二ラウンドとでもいうべき紛争が勃発する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 9

2013/09/06 07:43
面会交流は、なぜ子供に有益か 再考してみる。
現在の裁判所は、面会交流にかなり積極的である。一昔前は、夫婦間の対立が激しいときは面会させないという基本スタンスで、仮に調停条項に定めても、面会交流が実現しないということが珍しくなかった。しかし、男性も育児に積極的に関わる一方で、女性も、出産しても仕事を続けるのがあたり前になった現在、育児は共同分担が普通になっている。 ところが育児は共同でも、離婚後の親権は共同ではないから、監護権を確保できなかった親は、面会交流で代替しようとする。かくして面会交流をめぐって家裁に多数の案件が継続することになる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/05 18:28
「家庭内別居」・「円滑にいかない面会交流」は、子供にどのような影響を与えるか?
家庭内別居という、日本独特の用語がある。 一つの家に同居しながら、夫婦が互いの交流を絶っている状態を指す用語である。 別居せず家庭内別居を続ける理由は、さまざまで、別居するほどではないが夫婦としての交流をするのは嫌だというレベルから、本当は別居したいのだが、経済的理由から別居できないというレベルまでさまざまである。 このレベルの程度にあわせて、別居の態様も、ただ、「夫婦間の会話がない」というパターンから、「寝食・洗濯・家計等を完全に分離している状態」まで、さまざまである。 ただし、弁護士... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/11 12:08
「子供の意思」とは何か?
「子供の意思」は、家事事件では、たえず問題になる。親権者・監護者を誰にするか、面会交流を認めるか、認めるとしたらどの程度か?これらの決定にあたっては、「子供の意思」が最大のキーポイントだし、当事者も「子供の意思」を最大の理由として主張してくる場合が多い。 家事事件手続き法でも、子供の意思を最大限尊重することとし、子供代理人制度までつくっている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/23 10:01
面会交流拒否の原因―「子供が会いたくないと言っている」は、本当か?
現在、離婚で一番揉める問題の一つが面会交流だろう。10年前は予想も出来なかったことだ。 非監護親が子供に会いたいというのに対し、監護親が子供を会わせない。調停で約束していても会わせない、審判で面会交流を命ぜられても会わせない、こういう例は非常に多い。 そのとき、たいていの監護親は、「子供が会いたがっていない」という子供の意思を面会交流拒否の理由としてあげる。「子供は会いたがっているけど、私は会わせたくないのよ」と堂々と言い放った例は、ほとんどない。 しかし、非監護親からすると、監護親の、こ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 16

2012/11/09 09:55
4月1日施行の改正民法で明文化された面会交流は権利化しつつある
改正民法が4月1日から、施行されました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/30 10:04
離婚訴訟中の面会交流
離婚訴訟を家裁が扱うようになったのは比較的最近で、人事訴訟法が施行された平成16年4月からである。以来、離婚訴訟判決中に、面会交流に関する判断も示されるようになり、和解でも、面会交流が当たり前のように決められている。地裁で離婚訴訟をやっていたときは、面会交流なんか、争点にならなかった。ただ、離婚訴訟で敗訴判決が出ると、面会交流も判決主文で述べられないから、面会交流を求める親は、通常は、訴訟とは別に、面会交流の調停申立をする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/01 07:59
離婚前の面会交流は親の権利?子の権利?
自分が弁護士になったころは、非監護親と子供との面会交流が争点になることはなかった。しかし、今は、面会交流は、離婚事件の最大の争点になりつつある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/06/23 06:53
面会交流拒否と損害賠償
面会交流は、親の権利かという論議があり、最高裁は、これについて明確な回答を出していない。しかし、現在の家裁実務では、面会交流は、子の福祉のために認められているものであり、「子の監護に関する処分」として認められているだけだから、子供には「親と会う権利」はあっても、親には、「子供と会う権利」はない、というのが、支配的な意見である。 その結果、監護親が正当な理由なく面会交流を拒否しても、非監護親は泣き寝入りというパターンが圧倒的だった。 面会交流の間接強制を認める裁判例もそれなりにあるが、裁判官の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/03/18 16:59
面会交流は、他人同士による協同養育活動
家裁で、一番問題になっているのは、親権・監護権と、これに付随する面会交流である。 同居親が、面会交流を望むこともあるが、多くは拒絶反応を示す。他方、子供の親権・監護権を失った親は、面会交流の実現に焦る。両者が、面会交流を巡って第二ラウンドを争うこととなる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/15 13:58
面会交流と調査官
現在、家庭裁判所で激増している事件は、子供との面会交流事件である。しかも、ますます複雑化し、正解のない回答を求めなければならない事態に直面している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/08 07:56
子供の面会交流の強制的実現
面会交流の約束をしたが子供に会わせてもらえない、という相談は、非常に多い。この場合、どうしたら子供に会えるようになるか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/21 08:13
面会交流を頑なに拒否する親と片親疎外症候群
別居や離婚紛争において、子を監護している親の一方が、他方の非監護親に対する誹謗中傷を、繰り返し子に対して行うことによって、結果として、それを受けた子が他方の親との関係性に障害を来たすことがある。 ガードナーは、これを「PAS(Parental Alienation Syndrome : 片親疎外症候群)」と名付けた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/31 08:20
面会交流とPAS(片親疎外症候群)
子供との面会交流を権利として認めるべきかどうか、これが、現在の家事案件の最大の争点だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/25 08:25
面会交流で注意すべき点
離婚事件処理で難しい案件の一つに、スムーズな面会交流の実現がある。これは難しい。例えとして不適正だろうが、建物明渡の強制執行並みの緊張を強いられる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/20 08:15
広汎性発達障害と面会交流
近年の家事事件の特徴の一つは、面会交流に関するトラブルの激増だが、この面会交流で実務上問題が生じ、関係者が困惑するのが、当事者または子供に広汎性発達障害が見られるケースがままあることである。 広汎性発達障害の典型例は、自閉症だ。子供が自閉症になるかならないかは、親の育て方は関係ない。自閉症は、脳の機能的障害から生ずるからである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/02/24 18:35
面会交流は親の権利か?
家事事件の変化という観点から、この10年間を捉えたとき、それは面会交流に関する紛争の激増と言えよう。 この10年間で、面会交流に関する紛争は、4倍に激増している。実際、離婚相談でも、離婚に異論はないが、子供と会わせてもらえない、何とかならないかという相談がかなり多い。ところが、子供と親の面会交流は、法律による強制には限界があり、審判ですっきりした解決をするということがままならない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/06 09:46
面会交流は、子供の権利
面会交流を、親としての自分固有の権利と思い込んでいる人がいる。しかも、そういう人ほど、養育費については、できるだけ減額しようと理屈を主張する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/04 08:35
子供の面会交流に関する男女の違い
離婚相談では、大抵、子供の親権が絡み、それに関連して子供との面会交流が問題となる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/09 08:24
面接交渉が否定される場合
「離婚後の子供の共同監護」が理想とされている現在、子供との面接交渉は、極めて重要な問題です。 ただ、それでも、子供の福祉を考えると、なお、子供と非監護者(子供と別居している側の親)の親との面接交渉を制限しなければならないケースがあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/28 07:47
面接交渉  という言葉
監護権・親権のない親が子供に会うことを面接交渉という。 この言葉を顧客相手に使うと「へ?」と、怪訝な顔をする人が多い。実は、私自身も、この言葉に対しては違和感を抱いている。 以前、このブログで述べたが、実は、この面接交渉は、家族法のどこをひっくり返しても、記載がない。わが家族法は、離婚して子供を養育しない親が、子供と会うことなど想定していなかった。残念ながら我が国の家族法は、養育しない親と子供の関係は、金(養育費)だけと、非常に割り切っているのだ。 しかし、これは、子供の健全な養育という観... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/27 08:23
面接交渉の変更
面接交渉は権利か否かについては定説がないが、面接交渉そのものを認めることには異論はない。面接交渉は、一般的には、子供の人格形成や精神的安定にとって有益であることが多いからである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/28 08:52
面接交渉のネットワーク
日本の法制では、離婚するとどちらかが親権者となり、他方は、ただ、養育費だけを送り続ける存在に転落する。 ま、中には、その養育費さえも送るのを嫌がる親もいるが、多くの場合、離婚後も子供との面接交渉を切望する。私の感覚から言えば、女性の場合は、ほぼ100%、男性の場合は、半分くらいの人が、この面接交渉の実現を希望する。 そして、親権を獲得した親にも、この面接交渉に積極的な親もいれば、養育費なんかいらないから、子供とは絶対に会わせないという親もいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/31 09:07
エフピック 
世間的には、ほとんど知られていませんが、私が、お客さんに、一番利用を勧めている団体が、この社団法人家庭問題情報センター・通称エフピックです。家裁の調査官を定年退職した人達が働いていますが、皆、永年、家事案件を扱ってきただけに、プロ中のプロです。 家裁で面接交渉が決められても、お互いが憎み合っていたり、連れ去りを恐れたりして、なかなかうまくいかない。こういうとき、このエフピックに依頼すると、場所を提供してくれたり、立ち会ってくれたりして、面接交渉の円滑化に尽力してくれます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/12/22 16:05
子供の面接交渉と離婚
ウチの事務所では、離婚した際の親権者がどうなるか、相談段階でほぼ判断できる。ただ現実には、判断のできない弁護士が非常に多く、すでに結論は明白なのに、親権を争ってくるケースが多いことには閉口する。 今でも、結論は予測できるのに、相手方が親権は絶対に譲らないと頑張るため、調停が進行しない案件を多数抱えている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/09 09:47
祖父母・継母の面接交渉
息子の嫁が子供を連れて離婚した、孫に会いたい、私たちには面接交渉権はないのか、 これは、よくある相談である。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/25 20:12
子の面接交渉と間接強制
離婚する際、親権・監護権を取れなかった他方の親が、その見返りとして、定期的に自分の子供と面会できるという面接交渉を調停で決めることが多い。 もし、その面接交渉条項に違反したらどうなるか? 執行官が乗り込んできて子供を連れ出し、強引に面接させるという直接強制はできない。反面、再調停・履行勧告という方法―つまり任意の履行を促すという方法は、いかなるケースでも可能である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/03 13:10

トップへ | みんなの「面会交流」ブログ

離婚・相続専門弁護士 間違いだらけの離婚・相続/ 面会交流のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる