相続が新相続法施行後でも、不動産登記の遺言執行は、旧相続法が適用される場合がある。

設例 被相続人は、2010年8月1日、遺言執行者を弁護士Mと指定したうえで、「不動産全部を長男Aに相続させる」と遺言し、2019年8月1日、死亡した。 遺言書には、遺言者の権限は、明記されていない。 弁護士Mは、遺言執行人として、相続登記ができるか? 相続させる遺言は、相続の際の遺産の割り振りを指示するだけのものです。相…
コメント:0

続きを読むread more

三修社から「事業者必携 最新請負・業務委託・副業をめぐる法律と実務書」を出版

森・森元が、令和3年3月19日に、「契約知識から下請法まで 最新 請負・業務委託・副業をめぐる法律と実務書式 (事業者必携)」を出版します。 https://www.sanshusha.co.jp/np/isbn/9784384048636/ 本書は、主に企業の法務担当者向けにわかりやすく解説したものです。 普通、請負と言うと…
コメント:0

続きを読むread more

レガシーさんから「他の先生の一歩先行く 遺言書48文例+新常識」を発売

レガシーさんから、森・森元で弁護士向けに「他の先生の一歩先行く 遺言書48文例+新常識 全2巻」を発売しました。 https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/4771 内容は、遺言書作成ノウハウですが、もしかすると、そんなの書式集があれば十分だ、相続理論の知識なんか不要だ、と思い込ん…
コメント:0

続きを読むread more

改正民法が賃貸借・相続実務に与える影響

改正民法が賃貸借・相続実務に与える影響 改正民法が昨年施行されました。このうち、賃貸借に限定して言うと、判例法で確立された実務を明文化したものと、従来の実務を大きく変更するものとに分けられます。 1、従来の実務を追認したもの 以下の敷金返還や原状回復に関する基本的なルールは、今回の改正で法律に明記されましたが、すでに判例によっ…
コメント:0

続きを読むread more

小6生を対象に人権教室を開催しました

1月22日、人権擁護委員として、荒川近くの某小学校で小学校6年生の子供達を対象に人権教室を開催しました。 人権擁護委員って、普通は、弁護士会を連想しますよね。一時は、非常に活発に活動していて、警察とか刑務所とかに、勧告書を送りつけたりしていました。 しかし、自分が就任している人権擁護委員って、法務省が管轄しているもので、弁護士会のよ…
コメント:0

続きを読むread more

「すぐに役立つ 債権回収から継続取引、遺言、信託まで 改正対応公正証書のしくみと実践書式集」を出版

森・森元で令和2年1月27日、三修社から「すぐに役立つ 債権回収から継続取引、遺言、信託まで 改正対応公正証書のしくみと実践書式集」を出版します。 https://www.sanshusha.co.jp/np/isbn/9784384048599/ すでに昨年からAmazonでは予約を開始しておりますので、是非、ご購入下さい。 …
コメント:0

続きを読むread more

遺言能力に関する考え方その2

誤解されているが、遺言能力は、医学概念ではなく、法律概念である。医学には遺言能力などという概念はない。医学書のどこをめくっても遺言能力などという用語は出てこない。 勿論、医学的判断も重要なポイントだから、医師の意見を聴くことになる。しかし、その医師も、遺言能力の専門医ではない。多くは、認知症の専門医だったり、心療内科の専門医だったり、…
コメント:0

続きを読むread more

遺言能力に関する考え方その1

遺言が無効だと争われるケースは多いが、そのほとんどが遺言能力の争いである。 大体、実務で問題となる遺言は、遺言者が自発的に書いた遺言というよりは、特定の推定相続人によって書かされた遺言が多い。入院中だとか、認知症が進行しているとか、これは、遺言書いてもらわなければ困るな、という状況で遺言書が作成されるのである。 そうすると他の相続人…
コメント:0

続きを読むread more

森・森元で弁護士向け遺留分侵害額セミナーの動画配信開始

森・森元が、10月に行ったウエブセミナー「改正相続法の盲点 実務が大きく変わる「遺留分」の扱い」を、弁護士ドットコムさんが、弁護士向け教材として、動画配信しています。 https://academia-movie.bengo4.com/contents/956 森が約45分、森元が約90分です。 遺留分制度が、相手の所有権…
コメント:0

続きを読むread more

「ちいさき声をすくいあげる会」のブログから

2020年10月23日、新宿区議会議員のよだかれんさんが、以下のブログを載せています。 「STOP!共同親権、STOP!面会交流強制!~DV被害当事者親の皆さんのちいさき声を聴かせて頂きました~」 https://yoda-karen.com/policy5-3/2016/ 以下、原文をそのまま引用します。 「本日はzoom会議…
コメント:0

続きを読むread more

「財産分与から慰謝料・養育費・調停・訴訟まで 最新離婚の法律相談と手続き 実践マニュアル」を出版しました。

森・森元で、三修社より10月23日、「財産分与から慰謝料・養育費・調停・訴訟まで 最新離婚の法律相談と手続き 実践マニュアル」を出版しました。 https://www.sanshusha.co.jp/np/isbn/9784384048537/#detail01 この書籍は、専門家向けではなく、一般の方向けです。家事事件を多く扱…
コメント:0

続きを読むread more

弁護士ドットコムさん主催「遺留分侵害額請求」のウエブセミナー

森・森元で、10月15日、午後6時から、六本木の弁護士ドットコムセミナールームでウエブ形式で遺弁護士ドットコムさん主催留分侵害額請求のセミナーを開催しました。 内容は、以下の18ポイントで、改正相続法で影響を受けた部分を重点的に説明しました、合計約135分、内訳は森が45分、森元が90分です。 ポイント1 管轄&遺留分侵害額請求権と…
コメント:0

続きを読むread more

「個別事情にみる 離婚給付の増額・減額 主張・立証のポイント」二か月連続ベスト10入り。

弁護士会館には地下にブックセンターという本屋さんがあります。おそらく実務家向けの本屋としてはトップで、東京の弁護士さんだけでなく、裁判官や地方の弁護士さんも利用しています。 このブックセンターは、毎月、前月の書籍販売部数ベスト10を発表しています。7月27日に、新日本法規より出版された森・森元(森法律事務所)の「個別事情にみる 離…
コメント:0

続きを読むread more

相続のホームページを更新しました。

相続法が改正されたのが昨年5月、本来なら速やかにホームページの記述を変更すべきだったのでしょうが、書籍の執筆等に追われ、なかなか手をつけられませんでしたが、とりあえず、内容を変更しました。 遺言書の作成編は、従来は、要件を形式的に記載していましたが、今回は、改正相続法を踏まえて内容を一新しました。 というのは、従前は、相続人は特定財…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ倒産に関連して2020/9/15「図解で早わかり  最新 会社の倒産 しくみと手続き」出版&ブックセンター6…

9月15日、三修社から、森・森元が「図解で早わかり  最新会社の倒産 しくみと手続き」を出版します。コロナ倒産が社会問題化する中での出版で、是非、ご購入下さい。 https://www.sanshusha.co.jp/np/isbn/9784384048506/ 本書の三大ポイントは、 1、清算型から再建型までさまざまなタイプの「…
コメント:1

続きを読むread more

女子SPAに副代表森元のインタビュー記事が掲載されました。

女性向けSPA、「女子SPA」に、「知らなきゃ損!別居中に相手から生活費を受け取れる「婚姻費用」とは?」の記事が掲載され、コラムニスト、夏目かおるさんが森元とのインタビューを中心に、婚姻費用や養育費をやさしくかみくだいて説明しておられます。 https://joshi-spa.jp/1023849 項目は、以下の4点です。 1…
コメント:0

続きを読むread more

弁護士ドッコムさん主催で慰謝料のウエブセミナーを開催しました。

令和2年8月6日、弊所副代表森元が弁護士ドッコムさん主催で、離婚・不倫慰謝料のウェブ形式セミナーを開催しました。 本来なら、弁護士ドッコムさんのセミナールームでセミナーを開催するのですが、昨今の社会情勢から、ウエブ形式となりました。 副代表森元が、視聴されている弁護士さんむけに講演をし、それを弁護士ドッコムさんがウエブで視聴者の…
コメント:0

続きを読むread more

「個別事情にみる 離婚給付の増額・減額 主張・立証のポイント」Amazon民法・民事法 の 売れ筋ランキング1位

「個別事情にみる 離婚給付の増額・減額 主張・立証のポイント」が7月27日に出版されました。翌週は、大阪高裁管内ブックセンターで週間販売数ランキングで4位になり、東京地裁の本屋では、月曜に書籍を並べたところ1週間で売り切れになり、Amazon売れ筋ランキング民法・民事法 の 売れ筋ランキングでは1位になりました。 https://…
コメント:0

続きを読むread more

7月27日、弁護士の先生方向けに「個別事情にみる 離婚給付の増額・減額 主張・立証のポイント」を出版します。

森法律事務所の出版物として、「個別事情にみる 離婚給付の増額・減額 主張・立証のポイント」を新日本法規から出版します。 https://www.sn-hoki.co.jp/shop/item/5100136 離婚に関連して、財産分与・慰謝料・養育費等の金銭給付問題が生じます。弁護士の先生方はご存知でしょうが、実務で争われるのは、…
コメント:0

続きを読むread more

「改正対応! 民法のしくみと手続き (図解で早わかり)」を出版します。

7月17日、森・森元で三修社から「改正対応! 民法のしくみと手続き (図解で早わかり)」を出版します。 https://www.sanshusha.co.jp/np/isbn/9784384048452/ 国民にとって一番知っておかなければならない法律は民法です。司法試験=民法の試験といわれるくらい、重要な法律です。弁護士も、法…
コメント:0

続きを読むread more