家族信託が高齢者の「囲い込み」に利用されている場合の対応策

認知症の高齢者の資産をどう守るか、実務で高齢者問題で一番問題なのは、悪徳商法対策よりも、一部の推定相続人による親の囲い込みと財産の費消である。最近、その囲い込み手法として、利用され始めたのが家族信託である。

高齢の親が認知症等で判断能力を常に欠く常況である一方、一部の推定相続人が信託名目で自己に名義を移してしまい、受託業務に名を借りて、資産を勝手に「運用」し、あるいは賃料等を管理の名目で使い込んでいる。実務では、かなり多いケースである。
実際、士業等の家族信託のホームページにも「親が認知症になっても資産の凍結を防ぐことができる」「撤回できない遺言だ」「家庭裁判所にいちいち報告しないですむ」という、どう見ても、高齢者自身よりは、推定相続人に向けられたとしか思えない謳い文句がならんでいる。遺言のホームページが、高齢者自身に向けられているのとは対照的だ。無料で家族信託セミナーを行うと、受講者は、高齢者自身ではなく、高齢者の相続人ばかりだ。真面目に信託に取り組んでいる士業の方々には、なげかわしい現状だろう。

高齢者の財産保護名目での家族信託のスキームは、大体、決まっていて、高齢者を委託者兼受益者とし、高齢者の推定相続人の一人を受託者とし、その推定相続人が、受託者として親の資産を「運用」する、というものだ。しかも、大体は、「解除不可」という特約がはいっている。
しかし、信託は、委託者と受益者が、受託者を監督するという前提で組み立てられているが、このスキームでは、委託者兼受益者である高齢者自身が認知症で判断能力を欠くから、受託者の監督などできるわけがない。しかも、後見制度と異なり、国による管理もない。まさに、受託者が好き放題にできる状況が出現する。

こういう場合、どうするか?
受託者である高齢の親が認知症等で判断能力を常に欠く常況である場合、唯一の対策は、成年後見人を選任し、その成年後見人が、受託者から受益者である高齢者の資産を守ってもらうことだ。

受益者には、信託法で受託者に対し、以下の権限が付与されている。
信託法27条1項、75条4項受託者の権限違反行為の取消権、
31受益者としての受託者に対する権限
信託法27条1項、75条4項受託者の権限違反行為の取消権
31条6項・7項受託者の利益相反行為の取消権
40条1項、41条受託者の任務違反行為に対する損失のてん補・原状回復請求権
44条の受託者の行為の差止請求権
36条の信託事務処理の状況報告請求権
38条1項の信託帳簿等の閲覧請求権
6条1項・58条1項 
受託者の選任・解任の申立て権と62条4項で新受託者の選任申立て権、
131条4項・134条2項で信託監督人の選任及び解任申立権、
50条1項で信託財産管理命令及び信託財産法人管理命令の申立て権。
165条1項で特別の事情による信託の変更及び終了命令等の申立て権条6項・7項受託者の利益相反行為の取消権、
40条1項、41条受託者の任務違反行為に対する損失のてん補・原状回復請求権、 44条の受託者の行為の差止請求権、
36条の信託事務処理の状況報告請求権、
38条1項の信託帳簿等の閲覧請求権、
6条1項・58条1項受託者の選任・解任の申立て権と62条4項で新受託者の選任申立て権、
131条4項・134条2項で信託監督人の選任及び解任申立権
50条1項 信託財産管理命令及び信託財産法人管理命令の申立て権がある。

成年後見人は、被後見人の一切の権限を付与されているから、当然、これらの権限を行使できる。

さらに高齢者は委託者でもあるから、委託者としての受託者に対する下記権限も行使できる。
信託法38条6項に財産状況に関する書類の閲覧・謄写請求権、
受託者との合意による信託法58条1項受託者解任権
信託行為の特約で、信託法145条2項2号による受託者の権限違反行為の取消権、3号の受託者の利益相反行為の取消権、5号で受託者の競合行為に対する介入権・信託帳簿等の閲覧・謄写権、7号で受託者の任務違反行為に対する損失のてん補・原状回復請求権、8号で法人受託者の役員の任務違反行為に対する損失のてん補・原状回復請求権、9号で受託者の信託違反行為の差止請求権、10号で検査役の選任申立て権

これらを効果的に駆使することで、「運用」「管理」名目で親の財産を費消している推定相続人を抑えることができる場合もあろう。

しかし、一番効果的なのは、信託法149条3項による変更権である。信託は、①受託者の利益を害しないことが明らかな場合は、委託者と受益者の合意だけで変更でき(信託法149条3項2号)、②信託の目的に反しないこと及び受託者の利益を害しないことが明らかな場合は、受益者の合意だけで変更でき(信託法149条3項1号)る。
成年後見人が、受益者兼委託者である高齢者の持つ変更権を行使できるかについて明文はないが、成年後見人の広範囲な権限から、信託法149条3項で信託を変更できると解される。
そこで、成年後見人は、条項や運用をチェックし、その変更を請求し、最終的には信託を解散するようにしなければならない。ただし、たいていは、高齢者自身が死亡したときは、信託は終了し、残余財産は、その受託者が承継するというスキームになっているから、受託者の抵抗は、相当なものと予想される。

今後は、我々弁護士も、一部推定相続人による家族信託を利用した経済的搾取に配慮する必要がある。ただ、現在、出版されている家族信託の書籍の大部分は「書式集」である。こう組み立てよう、こういうスキームはどうだ、そういうたぐいの本が多い。
問題は、受託者がこのスキームに反したとき、どうするかなのだが、今のところ、そういう書籍は、なかなか見当たらない。

森法律事務所は、家事事件に関しては国内有数の法律事務所です。家事事件を常時300件以上を取扱い、量的に国内トップレベルであるばかりか、事務所全体で高度なレベルを維持し、質的にも、トップレベルと自負しています。
現に、弊所は、弊所の事例から導いた高度なノウハウを、弁護士等実務家向けの専門書籍として出版していますが、その書籍は、多くの実務家が、座右の書としており、実務家向けの指導書になっています。事務所内の集積されたノウハウが、そのまま弁護士の指南書になっている事務所は、ほかにはありません。
離婚・男女問題・遺産分割の法律相談・ご依頼を承っております。いつでも、お電話・メールをください。
http://www.mori-law-office.com/katei/
http://www.mori-law-souzoku.com/
TEL:03-3553-5916

(追記)
代表弁護士森公任と副代表弁護士森元みのりで、下記の本を出版しました。

[専門家向け書籍]
1、「弁護士のための遺産相続実務のポイント」
日本加除出版株式会社
編著/森公任(弁護士)、森元みのり(弁護士)
https://www.kajo.co.jp/book/40761000001.html
弁護士会館ブックセンターで、4か月連続ベストテン入りした書籍です。
遺産相続を多く扱う弁護士なら、たいていは所持しています。

2、「子の利益」だけでは解決できない 親権・監護権・面会交流事例集
新日本法規出版株式会社
編著/森公任(弁護士)、森元みのり(弁護士)
http://www.sn-hoki.co.jp/shop/product/book/detail_5100053.html
弊所が現実に取り扱った事例から、親権・監護権の考慮要素を抽出し
それを実践的に解説するというもので
この種の書籍としては、より実践的に解説したもので
親子問題を扱う弁護士なら、たいていは所持しています。

3、「心の問題と家族の法律相談」
日本加除出版株式会社
編著/森公任(弁護士)、森元みのり(弁護士)(主メンバー 森公任、森元みのり、西脇理映、舟橋史恵)
医事監修 精神科医(酒田素子)
http://www.kajo.co.jp/book/40702000001.html
執筆は弊所所属弁護士森公任、森元みのり、西脇理映、舟橋史恵の弁護士で、これに精神科医である酒田素子先生にも参加していただきました。DV、モラハラ、ストーカー、児童虐待問題はもちろん、難航する面会交流等の背後には精神医学的な問題が潜んでいる場合が少なくありません。パーソナリティ障害等の医学的観点を加えた視点から原因を分析し、その対策を検討したものです。
DV、モラハラ、ストーカー、児童虐待問題等に関する法律書はたくさん出版されていますが、精神医学的観点から切り込んだ書籍は、ほかにはないと思います。

4、「2分の1ルールだけでは解決できない 財産分与額算定・処理事例集」
新日本法規出版株式会社
編著/森公任(弁護士)、森元みのり(弁護士)(主メンバー 森公任、森元みのり、西脇理映、舟橋史恵)
https://www.sn-hoki.co.jp/shop/product/book/detail_50984.html
ベストセラー・ロングセラーの書籍で、「弁護士のための遺産相続実務のポイント」に次ぐ販売数です。

5、「簡易算定表だけでは解決できない養育費・婚姻費用算定事例集」
新日本法規出版株式会社
編著/森公任(弁護士)、森元みのり(弁護士)
https://www.sn-hoki.co.jp/shop/product/book/detail_50910.html


[一般向け書籍]
1.夫婦親子関係
「カラー版 一番よくわかる 離婚の準備・手続き・生活設計」
共同著編者 森 公任・森元 みのり
http://www.seitosha.co.jp/77_3950.html
西東社  定価1,404円(本体1,300円+消費税)

「イラストと図解でよくわかる! 前向き離婚の教科書」
森元 みのり
http://www.nihonbungeisha.co.jp/books/pages/ISBN978-4-537-21499-4.html
日本文芸社  定価1,404円(本体1,300円+消費税)


2.遺産相続関係
図解で早わかり 改正対応!相続・贈与のしくみと手続き
https://www.sanshusha.co.jp/np/isbn/9784384048025/
森 公任・森元 みのり 共同監修
相続法改正に対応した遺産相続の書籍です。
三修社 定価: 1,944円 (本体:1,800円+税)

「図解 相続・贈与・財産管理の法律と税金がわかる事典」
森 公任・森元 みのり 共同監修
http://www.sanshusha.co.jp/np/details.do?goods_id=4172
三修社  定価1,944円(本体1,800円+消費税)


「相続・遺言をめぐる法律と税金トラブル解決法129 」
森 公任・森元 みのり 共同監修
http://www.sanshusha.co.jp/np/details.do?goods_id=4116
三修社  定価1,944円(本体1,800円+消費税)

「 図解で早わかり 改正対応! 最新 相続・贈与の法律と税金」
森公任 ・ 森元みのり 共同監修
http://www.sanshusha.co.jp/np/details.do?goods_id=3992
三修社  定価1,944円(本体1,800円+消費税)


[そのほかの書籍]
1.倒産法関係
倒産法全体をコンパクトにまとめてあり、全体像を把握するのに便利です。是非、ご購入ください。
「 図解で早わかり 倒産法のしくみ」
森公任 ・ 森元みのり 共同監修
http://www.sanshusha.co.jp/np/details.do?goods_id=4054
三修社  定価1,944円(本体1,800円+消費税)

2、不動産法関係
重要解説+用語辞典の2つの機能を1冊に集約しました。
「重要事項&用語 図解 最新 不動産契約 基本法律用語辞典 」
森公任 ・ 森元みのり 共同監修
https://www.sanshusha.co.jp/np/details.do?goods_id=4240
三修社  定価1,944円(本体1,800円+消費税)

「図解で早わかり 最新版 借地借家法」
森公任 監修
三修社  定価1,944円(本体1,800円+消費税)

「最新 建築基準法と私道・境界・日照権の法律とトラブル解決法 (すぐに役立つ)」
https://www.sanshusha.co.jp/np/isbn/9784384048261/
森公任 ・ 森元みのり 共同監修
定価: 1,980円 (本体:1,800円+税)

4、企業法務関係

(1)「入門図解 最新 中小企業のための会社法務の法律常識と実務ポイント (事業者必携)」
森公任 ・森元みのり 共同監修
http://www.sanshusha.co.jp/np/details.do?goods_id=4438
三修社
(2)図解とQ&Aでわかる 最新 特定商取引法と消費者取引の法律問題トラブル解決法 (すぐに役立つ)
森公任 ・森元みのり 共同監修
https://www.sanshusha.co.jp/np/isbn/9784384048308/
三修社

(3)「図解 最新 契約の基本と実務がわかる事典」
https://www.sanshusha.co.jp/np/isbn/9784384048353/
三修社

5、知財関係
「すぐに役立つ 改正対応 著作権・コンテンツビジネスの法律とトラブル解決マニュアル」
森公任 ・森元みのり 共同監修
https://www.sanshusha.co.jp/np/isbn/9784384047981/
三修社

6.民事手続法のご案内
「 重要事項&用語 図解 トラブル解決に役立つ
最新 民事訴訟・執行・保全 基本法律用語辞典 」
森公任 ・森元みのり 共同監修
http://www.sanshusha.co.jp/np/details.do?goods_id=4313
三修社  定価1,944円(本体1,800円+消費税)


[専門家向けDVD〕(講師は、いずれも、森・森元です)
1、「相談力」「解決力」に差をつける!相続事件実務の真髄
森元みのり
https://academia-movie.bengo4.com/set/364
配信元 弁護士ドットコム(株) 

2、「難解な使途不明金問題をすっきり解決 調停・訴訟対応マニュアル」
https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/4252
発行元(株)レガシイ

3、「知らないと怖い! 遺産分割調停・審判・訴訟 90の実務注意点」
https://www.legacy-cloud.net/reserved_products/4175
発行元(株)レガシイ

4、「改正相続法の論点 新たな紛争解決のための弁護活動指針」 全3巻
https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/3894
発行元(株)レガシイ

5、「駆け引きに使える! 遺産分割実務と税務の相違点の理解 3巻セット」
https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/4099
発行元(株)レガシイ

6、「離婚慰謝料の相場観と弁護士実務の重要ポイント」DVD
森元みのり
https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/2390
発行元(株)レガシイ

7、「一見すると実現困難な離婚相談の解決策」DVD
森元みのり
https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/3055
発行元(株)レガシイ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント