改正民法が賃貸借・相続実務に与える影響

改正民法が賃貸借・相続実務に与える影響 改正民法が昨年施行されました。このうち、賃貸借に限定して言うと、判例法で確立された実務を明文化したものと、従来の実務を大きく変更するものとに分けられます。 1、従来の実務を追認したもの 以下の敷金返還や原状回復に関する基本的なルールは、今回の改正で法律に明記されましたが、すでに判例によっ…
コメント:0

続きを読むread more