相続が新相続法施行後でも、不動産登記の遺言執行は、旧相続法が適用される場合がある。

設例 被相続人は、2010年8月1日、遺言執行者を弁護士Mと指定したうえで、「不動産全部を長男Aに相続させる」と遺言し、2019年8月1日、死亡した。 遺言書には、遺言者の権限は、明記されていない。 弁護士Mは、遺言執行人として、相続登記ができるか? 相続させる遺言は、相続の際の遺産の割り振りを指示するだけのものです。相…
コメント:0

続きを読むread more

三修社から「事業者必携 最新請負・業務委託・副業をめぐる法律と実務書」を出版

森・森元が、令和3年3月19日に、「契約知識から下請法まで 最新 請負・業務委託・副業をめぐる法律と実務書式 (事業者必携)」を出版します。 https://www.sanshusha.co.jp/np/isbn/9784384048636/ 本書は、主に企業の法務担当者向けにわかりやすく解説したものです。 普通、請負と言うと…
コメント:0

続きを読むread more

レガシーさんから「他の先生の一歩先行く 遺言書48文例+新常識」を発売

レガシーさんから、森・森元で弁護士向けに「他の先生の一歩先行く 遺言書48文例+新常識 全2巻」を発売しました。 https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/4771 内容は、遺言書作成ノウハウですが、もしかすると、そんなの書式集があれば十分だ、相続理論の知識なんか不要だ、と思い込ん…
コメント:0

続きを読むread more