テーマ:特別寄与と特別受益

特別受益の持ち戻し免除の意思表示が認められる場合

相続人の一人に特別受益があるときは「遺産の前渡し」があったとして、相続分の計算をします。 例えば、被相続人が父Aで、相続人が子供B・C。遺産が1000万円の不動産。Bは、生前、Aから1000万円の贈与を受けている。 このケースでは、遺産である1000万円の不動産に生前贈与の1000万円を組み戻し、遺産総額を合計2000万円とみなしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多くの弁護士が誤解している「具体的相続分」という概念 ホームページの間違えた記載を例に

遺産分割協議をしていて、相手の弁護士に何度説明しても、どうしても納得してもらえない問題がある。それは、預金等の可分債権は、特別受益や特別寄与の修正を一切受けないことである。これは、家裁の実務では常識的なことで、議論の対象にさえならないのだが、遺産分割実務の経験が少ない弁護士には、どうしても受け入れがたい議論のようだ。 最近、当事務…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

特別受益・特別寄与で弁護士が一番勘違いしている点―「生計同一者」問題

多くの遺産分割事件の処理を通じて、遺産分割にある程度精通している弁護士でも、「え、この先生、こんなこと知らないの?」と思うことがある。それは、特別寄与・特別受益に関する生計同一者の立場である。 この前、遺産分割で、相手方代理人が特別寄与に関する意見書を提出された。非常に勉強した痕跡があり、大変感心したが、根本的な点で勘違いをされて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺留分を無効にする裏技―相続放棄

被相続人の財産は、被相続人の所有物ですから、本来は、何をしようと自由です。全部公共団体に寄付してもいいし、家族に残さず、全部、愛人にやってもよい。 ただし、被相続人の自由だといっても、相続人は、被相続人の財産に一定の固有の権利があります。遺留分と言われる権利で、妻や子供が相続人のときは全財産の半分、亡くなった方のご両親のみが相続人の時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学費は特別受益になるか?

遺産分割で頻繁に争われる争点の一つに、子供間の学歴の差があります。例えば、長女は公立中学校卒、二番目の長男は、小学校から大学まで一貫校の私立。昔の男子偏重の風習から、こういうパターンは、結構あります。そこまで極端でなくとも、一人が留学したり、医学部や芸術系学部に進学すると、教育費の格差が子供達の間で顕著に出ます。 こういうケースで、親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺産分割基準

遺産分割で一番揉めるのは、分割基準である。 分割基準は、指定相続分が大原則である。指定相続分とは、遺言で相続分を指定することであるが、原則とはいえ、あまり例がない。普通、遺言書を書くときは、「相続分の指定」というよりも、「分割の指定」をするからだ。 例えば、「全相続財産をAとBで、半分ずつ分けよ」と遺言で指定すれば、それは「相続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別寄与の判断基準は、「精算」か「衡平」か

遺産分割で一番もめるのは、特別寄与の有無とその額である。 現在、東京家庭裁判所家事5部(遺産分割専門部)は、特別寄与を「精算」ととらえ、その寄与額を計算している。 ところが、いまだに「衡平」という観点から、寄与分をとらえる人が多い。素人の当事者は勿論、代理人の弁護士まで、独自の「衡平」基準から、素っ頓狂な寄与分の主張を行う例が非常に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生命保険は特別受益に該当するか?

遺産分割でよく揉める原因の一つに、相続人の一人が生命保険金を受領したケースがある。 世間常識からすれば、相続も生命保険も、ともに「被相続人が死亡したことでもらえたお金」だから、相続財産だろうとうことになる。 しかし、相続人は生命保険金を「相続」によって取得したものではなく、「保険約款で取得」したものだから、生命保険を「相続した」財産…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺産分割における弁護士のとんでもないアドバイス

遺産分割は、相続法にのっとって行われるが、相続法特有の独特の考え方があり、これをマスターしてない弁護士にあたると、とんでもないアドバイスがしばしば行われ、相談者が不測の損害を受けることが少なくない。 これほど、勘違いし、あるいはミスを繰り返す分野は、他にないのではないか。 第一は、預金は遺産分割の対象にならず特別寄与・特別受…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

預金の相続に際して特別寄与、特別受益が一切考慮されない。なぜか?

被相続人の残した預金は、遺産である。しかし、遺産分割手続きの対象にならない。対象にならないから、いくら相続人に特別寄与があっても、特別受益があっても、一切考慮されず、当然に法定相続分に従い分割される。 その結果、遺産が、たまたま預金か不動産かで、かなり異なった結論となる。 例えば全遺産が2000万円で、相続人が子供A・Bの2人。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尽くしてくれた人のために遺言書を残すと、かえって仇になることがある。

「遺言」でググると、弁護士のホームページが山ほど出てきて、そのいずれもが「お世話になった人に財産を残すためには遺言書の作成が必要です」「是非とも当事務所に遺言書の作成をお任せください」と宣伝している。 しかし、実は、ここに一つの大きな落とし穴がある。遺産分割になったときのことを考えて遺言書を作成しないと、遺言書を作成することが、か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺産相続「特別受益」に関する弁護士の誤解 なぜ滅茶苦茶な主張をする弁護士の方が信頼されるのか?

この前、車でラジオ放送を聞いていたら、某法律事務所の弁護士が、遺産相続における特別受益について説明していた。 特別受益というのは、相続人が生前何らかの利益を得ていると、場合によっては、遺産の前渡しがあったとして、その人の相続取り分から差し引く制度である。 結論から言うと、聞いていてあきれる内容だった。 ラジオで一度聞いただけな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺産分割における特別受益に関する誤解

生前、被相続人から特別な受益があった場合、遺産の前払いがあったとして、遺産の取り分から減額される。 遺産分割でも、代理人となった弁護士が、しばしば、この特別受益を主張し、裁判所を困惑させている。「困惑」というのは、多くの弁護士が、すっとんきょうな主張をするからだ。 一番、多いのが、ともかく、何でもかんでも利益があれば、特別受益だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親の商売を継いだことを遺産分割でどう評価するか?

遺産分割でよくあるパターンは、親の商売を継いだ相続人と、それ以外の相続人の対立である。おそらく遺産分割事件では、一番、多いパターンだろう。 「立場が違うと、まるで違って見える」という図式がぴったりとあてはまるケースの一つである。 親の商売を継いだ相続人Aからすると、 「自分は、他に人生の可能性があったが、親や家のことを考えて不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年1年の総決算その1 遺産分割について

新年を迎えたと思ったら、あっというまに12月で、街を歩くと、もうクリスマス商戦一色である。 このブログも、今年は、今回を含めてあと2回。来週は例年通り離婚原因について述べるので、今回は、総決算の意味も含めて遺産分割について述べたい。 遺産分割に関し、弁護士が、まるで知識がなく、素っ頓狂な申し立てで家裁を困らせていることは前々回の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長男からの遺産分割

遺産分割でこじれるパターンは、大体、決まっていて、典型的なパターンの一つが、長男が父親とともに働いていて、被相続人の財産形成に寄与した場合である。こういう場合、長男は、自分が他の相続人と同じ相続分というのはおかしいのではないか、と考え、遺産分割が紛糾する。 あるいは。家業を手伝っていなくても、長男、あるいは長男の嫁が、生前、被相続人の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more