テーマ:DV

離婚親子問題は「心の問題」を意識しないと弁護過誤になる。

離婚親子問題にあまり経験のない弁護士には「離婚親子問題なんか問題がパターン化されていて、それほど高度な専門性はいらない」という認識をしておられる方がいます。 ある程度、経験を積んでいると、非常に難しい問題があり、一筋縄ではいかないということがわかるのですが、そういう認識を持つレベルに達している弁護士は、必ずしも多くなく、そのため、弁護…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「MORGEN」2018・1(No.188)に代表と副代表の対談記事が掲載されました。

遅くなりましたが、新年、あけましておめでとうございます。 昨年最後の、といっても、正確には2,3週間前のブログに、雑誌MORGEN(ドイツ語で「明日」という意味)のインタビューを受けた旨を載せましたが、そのインタビュー記事が2018年1月9日発売の2018・1月号に掲載されました。 全国の学校向けの雑誌で、学校の先生なら誰でも知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DV・モラハラ・ストーカー等について「心の問題と家族の法律相談」を出版しました

日本加除出版から「心の問題と家族の法律相談」を酒田素子精神科医の協力を得て出版しました。 http://www.kajo.co.jp/book/40702000001.html 実は、本書は、他の法律専門書と際だって異なる特徴があります。 DVやモラハラ、ストーカー、児童虐待に関する書籍は多数ありますが、本書の際立った特色は、精神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DV・モラハラ事件は、善悪二元論では割り切れない。

「DV・モラハラは、難しい」と書くと、当たり前だろう!思われるかもしれません。ただ、その際、多くの方は、難しいというのは、「法的な救済手続きの問題」を捉えて言っていると思われます。 DV・モラハラ事件は、たいていは、「横暴な男性による女性支配」(逆の場合もある)という観点から論じられており、そこでは、DVやモラハラが生ずる原因は、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

配偶者がアルコール依存症

離婚事件を取り扱っていると、配偶者が何らかの依存症にかかっている場合がある。薬物となると、これは、刑事問題で、離婚・親権は、問題なく決まるし、面会交流も実現は難しいだろう。 家事の実務では、一番多いのはギャンブル依存症とアルコール依存症である。 依存症の場合、本人に自覚がまるでなく、解決は容易ではない。 配偶者が、ギャンブル依…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反社会性パーソナリティとDV

反社会性パーソナリティ障がいとは、他者の権利や感情を無神経に軽視するパーソナリティで、それが病的なレベルに達した場合がパーソナリティ障がいです。男性に圧倒的に多いと言われています。 DSM‐5による反社会性パーソナリティ障がい(Anti-social Personality Disorder)の診断基準は、以下の通りです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年1年を振り返って  心の障がいと夫婦親子問題

刑事事件では、被告人の責任能力に関して精神医学が問題になる。交通事故では後遺障害をめぐって整形外科的な知識が必要になる。これに対し、家事事件の処理については、なぜか、医学的な発想が取り入れられていない。夫婦親子問題の書籍をみても、この部分は全てスルーされている。 家事事件で心の障害が表面に出て来る唯一の場面は離婚原因で、770条1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広汎性発達障害と離婚

広汎性発達障害とは、対人関係や社会性の獲得という集団生活を行う上での基本的な能力が欠けている障害です。平たくいえば、トラブルメーカー、クレーマー、周囲から孤立してしまう人達です。 この広汎性発達障害は、特定不能の広汎性発達障害、自閉症、アスペルガー症候群、レット症候群、小児期崩壊性障害の5つに分類されます。ただし、特定不能の広汎性発達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

配偶者の妄想性人格障害と不倫疑惑

「配偶者が不倫している」という疑惑には、もっともだというものもありますが、中には?な疑惑もあります。(以下は、現実の相談を修正し、分離したり組み合わせて記載しています。したがって、実際の相談例と異なりますが、大体の状況はお分かりいただけると思います。) 疑惑例1 「配偶者が我が家の道路の真向いのアパートの男と不倫している。」 証拠…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

モラハラと自己愛性人格障害

〔モラハラとは〕 モラハラは、DVと同じく相手を支配し、コントロールしようとするものですが、DVとは異なり、暴力は振るわず、精神的に相手を支配しようとする点に特徴があります。夫婦間の場合、「愚かで劣った配偶者を正しく導く」という認識のもとで、配偶者の言動を細かく注意し、「指導」します。配偶者が、それを拒否すると、一転して無視の態度や露…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

DV保護命令 重要ポイント17その2

その1からお読みください。 Q7 恋人と同棲していたが、別れたのち、暴力を受けた。DV保護命令を申し立てることができるか。 A7 できる場合とできない場合がある。 同棲中に暴力を受け、同棲解消後も暴力を受けたらDV保護命令は可能だが、同棲中に暴力はなく、解消後に暴力があった場合は対象にならない。接見禁止等の一般的な仮処分は可能…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

DV保護命令 重要ポイント17その1

Q1 被害者への子どもや親族への接見禁止命令を単独でできるか A1 できない。 あくまでも被害者本人への接見禁止を確保するために付随する制度として、被害者への子どもや親族への接見禁止命令が認められているにすぎないからである。電話等禁止命令も同様である。 なお、「子供への接見禁止命令」は子の連れ去りを防止するためのものであるから、す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DV加害者の思考・行動は、驚くほど類似している。

うちの事務所では、DVの被害者からの相談も受けるし、加害者からの相談も受ける。その割合は半々である。被害者からの相談を受けると、「これは悲惨だ」と思う場合もあるし、「ただの夫婦喧嘩でDVなんて問題外」という場合もある。加害者からの相談も、「これは冤罪だ」と思う場合もあるし、冤罪だと言いながら典型的なDV加害者の場合もある。 以下は、典…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

DV被害では被害者は加害者を告訴すべきか否か

DV被害者である妻が警察に被害を訴えると警察は必ず「告訴するか、しないか」を問うてくる。最終的には告訴しないとする妻の方が多いが、告訴しないことについて、被害者と加害者の認識は大きく食い違っている。 [告訴しない妻の認識] 被害者の妻は、「逮捕されて反省くらいはしている。ここで許してやれば、離婚には素直に応じてくれるだろう。窮鼠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神的DVと慰謝料請求

[統計数値] 離婚に伴う慰謝料相談で一番多い相談が、言葉の暴力、精神的虐待を理由とした慰謝料請求である。依頼者や相談者のなかには、肉体的暴力や不倫よりも、精神的暴力のほうがきつい、という方は少なくない。相談を受ける実感としても、精神的DVのほうが悲惨である。 しかし、統計的に見ると、この精神的DVは、認容率も低いし、金額も低い。判断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深刻化する逆DV

今週号の週刊朝日に、妻から夫へのDV記事が掲載されています。 「殴られても返せず、訴えても認められず…「美人」「精神的に不安定」「格差婚」が危ない。DV妻に苦しむ夫たち」 http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=16963 この記事に、弁護士として代表弁護士の森と副代表弁…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

DV保護命令で「暴力」は、必要要件か?精神的DVについて

DV被害者は、たいてい、DV保護命令を申請する。シェルターで手続きをとってもらう人もいるが、自分で手続きをとったり、弁護士に頼む人もいる。 この保護命令は、かなり周知されていて、うちの事務所にDV被害で相談に来る人は、たいてい、この保護命令の制度を既に知っている。 この保護命令は、今は、配偶者以外にも範囲が拡げられているが、一つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DV加害者の特徴  変化に適応できない人たち

「強い者が生き残ってきたのではない。変化に適応できるものが生き残ってきたのだ。」 これは、ビジネスの世界で、しばしば引用されるダーウィンの名言である。あるビジネスモデルが成功するか否かは環境に適応できるか否かにかかっている。仮に一時的に成功しても、そのビジネスモデルが通用する期間は10年程度で、環境の変化に応じてビジネスモデルも変えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DV法改正―同居する恋人からの暴力

2014年1月3日、「夫婦」や「事実婚関係にある男女」だけでなく、「同居する恋人」からの暴力にも保護対象を広げる改正DV(配偶者による暴力)防止法が施行された。 2011年、長崎県で、一時同居していた元交際相手から暴力を受けた女性の親族が殺されたが、今回の改正は、その事件を受けてのことだ。 従来のDV法は、法律婚と事実婚のみを対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結構多い妻(女性)から夫(男性)に対するDV

最近、妻からのDV被害に苦しむ夫の相談が多い。意外と思われるかもしれないが、少なくと、うちの事務所に限定すれば、妻あるいは女性を加害者とするDVと、男性・夫によるDVとの間には、相談件数・受任件数という点において、決定的な違いはない。 ただ、DVの根本的な原因については、男女間に決定的な違いがある。 男性のDVは、相手方女性を「…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

DV加害者は、なぜ自分の置かれた立場を認識できないのか?

DV冤罪というのは星の数ほど多く、保護命令が出たケースなんかでも、実は冤罪だというのは、かなりの割合を占めていると考えている。しかし、反面、どうみてもDVという事案もかなりある。 うちの事務所では、DV加害者側の相談をうける場合も結構あるが、加害者にも二種類あって自分が間違えたことをしたという「自覚ができている人」と、「自覚ができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DV被害者に言ってはいけない「べからず」集

DV被害の相談は非常に多い。女性ばかりか男性にも多く、最近は、DVではないと割り切る相談者の方のほうが少ないくらいだ。双方がDVだと言い合うケースも珍しくない。 やっかいなのは精神的DVで、離婚が破綻するプロセスで、誰でも精神的苦痛・緊張は経験するもので、通常程度の精神的苦痛・緊張は、DVにはならない。ただ、どこまでが通常の精神的苦痛…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

DV事件の難しさは、被害者の自覚

DV事件は、女性から男性に行われるというケースもあるが、悲惨なケースは、やはり、男性が行うDVである。 女性のDVの場合は、所有・支配欲よりは、単純に「切れて」暴力をふるうというもので、境界性人格障害のケースが多い。 これに対し、男性のDVは、「俺の女」という言葉に象徴されるように、女性を所有・支配しようという男性の本能的な部分に由…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

DVで難しいのは被害者の「怯え」を理解し共有すること

DV案件はよく依頼を受ける案件の一つである。たぶん取り扱い件数では、うちの事務所は、ダントツに全国一のはずである。 DV被害者で相談に来られる人の中には、煙草の火を押しつけられたり、働かされて給料を搾り取られたりしている人がいる。当然「逃亡」を勧めるんだが、怖くて逃亡できない人が少なくない。「逃げても追いかけてくる」「自分が逃げた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保護命令の要件は緩和すべきではないか

配偶者が暴力行為等に及んだ場合、シェルターなどに避難して保護命令を申し立てる。うちでも、かなりの件数を扱っています。 条文には、その保護命令の要件と効果が記載されていまずが、自分は、この要件の厳しさと効果のレベルにアンバランスがあり、これが、問題を複雑にしているのではないかと考えています。 DV保護命令の効果は、要するに、「あな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外と多い女性によるDV

うちの事務所には、DVの被害者も加害者も、よく相談に来る。DVに絡む案件も、常時数十件受任している。 常時、多数の案件を処理している立場から言わせてもらうと、マスコミ報道と実体はかなり異なることが多いというのが、自分の認識である。 その一つが、妻による夫のへのDVである。もちろん、言葉等の精神的DVについては、マスコミも報じてお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DV被害者のためのセイフティプラン

DV被害者のための簡明なチェック事項です。いずれホームページにも載せたいと思います。 事前の準備チェック事項 □どこに逃げるか、常日頃から考えておく。相手にすぐわかる場所はダメ。逃げる際も、住所や電話番号を家に残さないようにする。 □相談機関や相談している法律事務所の電話番号を控え、常に身につけておく。 □逃走手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DV夫の弁護士への暴力

横浜の弁護士が刺殺されたことから、最近、同業者で話題になっているのが、弁護士に対する暴力である。 最近、日弁連から配られた新聞によると、次の4つの事件が、過去にあったという。 灯油立てこもり事件 相手方男性が、妻側の弁護士事務所に押し入り、内側からカギをかけ、女性弁護士や事務員らを監禁し、灯油をまき、みずからも灯油をかぶったと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬直化するDV法の運用

DV法による保護命令は、今や、一般的になってきた。うちの事務所でも、毎月、数件申立をしているし、申し立てられる相手方になることも多い。トータル総数は数えたことがないが、件数だけなら、おそらく全国でも一位か二位だろうと自負している。内容については、依頼者に判断してもらうしかない。 ただ、これだけの件数をこなすと、問題点が見えてくる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DV加害者の主張―殴るには殴るだけの理由がある

DV案件に関しては、被害者側ばかりか、加害者側の相談もかなり多い。また、DV被害者側代理人として、加害者の言い分を聞くことも、かなりある。 加害者の中には、手を出してしまったことについて深く反省している人もかなりいる。しかし、それ以上に(殴ったことは反省していると前置きしながら)、「殴るには殴るだけの理由がある」と主張する加害者が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more