アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
離婚・相続専門弁護士 間違いだらけの離婚・相続/
ブログ紹介
森法律事務所は、家事事件を常時400件近く扱う、家事事件に関しては国内屈指の法律事務所です。離婚・男女問題・相続・遺産分割の法律相談・ご依頼を承っております。03−3553−5916。一度、ご相談に来ていただければ、他とは異なるレベルの高さがおわかりいただけるとおもいます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
離婚を求めると自殺をほのめかす依存性パーソナリティ障害
離婚を口にすると配偶者が自殺をほのめかす、ほのめかすばかりか、現実に自殺行為に走り、リストカットしたりする。 離婚事件でよく経験する。 以前、離婚調停事件で、夫から離婚請求された妻が、調停室や控室で「私は、このままでは最後は孤独死になる」「誰も気づかれないまま死んでいく」と泣いたり叫んだりしていたケースに遭遇した。 このケースでは、夫のほうも、「妻が自殺でもされたら大変だ」という恐怖感から離婚請求ができない。我慢してきたが、あまりの妻の異常さに自分自身がうつ状態になり、このままでは自分もダ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/14 10:25
今年1年を振り返って 弁護士に理解してもらいたい遺産分割の法的枠組み
〔遺産分割の法的枠組み〕 現在、東京家裁をはじめとして、全国の家庭裁判所では、遺産分割の法的枠組みに基づいて分割調停が行われている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/22 17:56
今年1年を振り返って  心の障がいと夫婦親子問題
刑事事件では、被告人の責任能力に関して精神医学が問題になる。交通事故では後遺障害をめぐって整形外科的な知識が必要になる。これに対し、家事事件の処理については、なぜか、医学的な発想が取り入れられていない。夫婦親子問題の書籍をみても、この部分は全てスルーされている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/16 09:38
相続放棄しても空家について「元相続人」の責任は続く
弁護士として相続放棄手続きの依頼を受けることが結構あります。たいていは借金が多く、相続放棄するというパターンですが、中には、「僻地に不動産があるが、管理できないから相続放棄する」というパターンもそれなりにあります。 相続人の方は、相続放棄さえすればもう関係ないと思っていられるようだし、弁護士も、相続放棄手続きは知っていても、相続放棄後のことは知らない、というか、業務範囲外なんで意識したことがない。 しかし、実は、相続放棄した遺産の中に空家があるときは、そう簡単にはいきません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/09 08:44
広汎性発達障害と親権問題・児童虐待
広汎性発達障害は、男性に多いと言われていますが、女性にもいます。男性の場合は転職を繰り返すパターンが多いのですが、女性の場合は、子供への虐待という深刻な問題に発展します。 広汎性発達障害の特徴は、ひとつのことに集中してしまい、全体を見渡すことができないということです。 これが、社会性・対人関係の障害となって現れます。興味のあるものにはとことん没頭するのですが、それ以外は無関心。人の気持ちや感情を読み取るのが苦手で、コミュニケーション能力が不十分です。 社会人となったとき、単独で行う仕事で、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/02 08:35
共有物分割と遺産分割
Q1 被相続人は父。相続人は長男A・次男B。唯一の遺産は不動産ひとつ。法定相続分は各2分の1。借金に困ったBは、自己の相続分をCに譲渡した。CはAに対し、遺産分割を求めるべきか、共有物分割を求めるべきか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/25 08:46
広汎性発達障害と離婚
広汎性発達障害とは、対人関係や社会性の獲得という集団生活を行う上での基本的な能力が欠けている障害です。平たくいえば、トラブルメーカー、クレーマー、周囲から孤立してしまう人達です。 この広汎性発達障害は、特定不能の広汎性発達障害、自閉症、アスペルガー症候群、レット症候群、小児期崩壊性障害の5つに分類されます。ただし、特定不能の広汎性発達障害、自閉症、アスペルガー症候群は、現実には、判別が難しく、世界の診断基準である米国精神医学会診断基準DSM-5では、自閉症スペクトラム障害(症)とひとまとめでく... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/18 12:50
家賃に見る特別寄与と特別受益の違い
Q1被相続人Aは、相続人Aに自己の所有する家屋を永年にわたり無償で居住させていた。この無償居住は、特別受益になるか Q2被相続人Aは、相続人Aの所有する家屋に無償で居住していた。この無償居住は特別寄与になるか A Q1は、相続人Aの特別受益にならず、Q2は、相続人Aの特別寄与になるのが原則である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/11 11:57
配偶者の妄想性人格障害と不倫疑惑
「配偶者が不倫している」という疑惑には、もっともだというものもありますが、中には?な疑惑もあります。(以下は、現実の相談を修正し、分離したり組み合わせて記載しています。したがって、実際の相談例と異なりますが、大体の状況はお分かりいただけると思います。) 疑惑例1 「配偶者が我が家の道路の真向いのアパートの男と不倫している。」 証拠は、「配偶者が仕事から帰ってくると、いつも、同じ頃、向かいのアパートの部屋の灯りが点く」というもの。 疑惑例2 「配偶者がマンションの隣の部屋の人と不倫してい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/11/04 13:49
土地建物の無償使用と特別受益
Q1 相続人Aは、被相続人とともに被相続人の家で永年にわたり同居していた。相続人Bは、その無償で同居していたことが特別受益にあたると主張しているが、Bの主張は認められるか? Q2 上記の例で相続人Aが一人で被相続人所有家屋に無償で居住していた場合はどうか? Q3 相続人Aは、被相続人の土地の上に無償で建物を建てている。相続人Bは、その無償で同居していたことが特別受益にあたると主張している。Bの主張は認められるか? Q4 Q3の例で相続人Aが被相続人のための二世帯住宅を建て且つ被相続人の介護... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/28 08:23
モラハラと自己愛性人格障害
〔モラハラとは〕 モラハラは、DVと同じく相手を支配し、コントロールしようとするものですが、DVとは異なり、暴力は振るわず、精神的に相手を支配しようとする点に特徴があります。夫婦間の場合、「愚かで劣った配偶者を正しく導く」という認識のもとで、配偶者の言動を細かく注意し、「指導」します。配偶者が、それを拒否すると、一転して無視の態度や露骨な不快感を示し、配偶者を精神的に追い詰めます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/21 16:13
相続させる遺言と遺留分の関係
被相続人が唯一の遺産である不動産を、長男に8分の7、次男に8分の1相続させると遺言した。次男の遺留分は4分の1である。次男は、遺留分減殺の意思表示をした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/15 13:44
子の奪い合い  連れ去りを追認した事例と否定した事例
子の連れ去りは、毎月、何件か受任する事件である。子供や家族の一生がかかる問題であり、家事事件のなかでも、面会交流と並んで一番難しい分野である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/30 13:16
遺留分減殺請求権は3回変身する。遅延損害金・家賃との関係は
遺留分の争点は、主に、いくら払うかにつきるが、付随問題として家賃の清算、価格弁償金に対する遅延損害金の清算という問題も生ずる。価格弁償金に比べたら金額はわずかだが、対象物が数億円以上だと、かなりの金額になり、無視できない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/17 09:32
家事事件を通してみた児童虐待
わが国の法制度で最大の欠点は、家庭内の弱者を保護する制度がないということである。親子問題でいえば、虐待する親から、虐待されている子供を速やかに救出できる制度がない。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/11 10:18
遺産分割実務では、貸家の評価をどうするか
遺産にアパートなんかの貸家がある場合、貸家の評価をどうするかという問題が常に生じます。 結論からいうと、一般的には、貸家であることをプラスにもマイナスにも評価しません。相続人の方でアパートを取得したい人は、「自分で使えないから低く評価しろ」と言うし、アパートの取得希望のない人は、「収益物件なんだから高く評価しろ」と言います。 どちらも理屈としては成り立つので、「痛みわけ」みたいな感じで、プラスにもマイナスにも評価しないわけです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/03 10:58
面会交流阻害の原因
〔面会交流の難しさ〕 面会交流事件を多数扱っていると、この問題が単純に割り切れない、難問中の難問であることがわかる。 世間では、面会交流を認めるべきか否か、面会交流は権利か否かという単純な問題提起がされているが、現場を知らない人の意見であり、問題提起そのものが間違えている。 面会交流は認めるべきか否かではなく、どういう場合に、どのように認め、どういう場合に認めないか問題なのだ。しかも、これを単純に類型化できない点に難しさがある。 ちなみに、最近は、面会させない親に対し、千葉の松戸で出た判... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/27 10:22
配偶者に対する贈与と持ち戻し免除の意思表示
特別受益があるときは、持ち戻し免除の意思表示が問題になることは、弁護士のどのホームページにも記載されている。持ち戻し免除が遺言等で明示されているときは問題にならないが、遺言書がなくとも、黙示の意思表示の存在を真剣に争ってくる当事者がいる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/19 11:00
不貞に準ずる行為は、賠償責任の対象にならないとする判例について
弊所副代表森元みのり弁護士のDVDでも、触れているが、離婚原因あるいは損害賠償請求原因としては、いわゆる性交を伴う男女の関係、つまり、不貞に限定されるわけではない。このあたりは、以下のDVDで、詳しく論じているので、興味のある方は、是非、ご購入ください。 ↓ https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/2390 というのは、離婚原因としてみた場合、貞操義務違反があれば不貞がなくても770条5号の離婚原因になるし、損害賠償請求原因と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/13 13:26
「婚姻のための費用」は特別受益になるか
民法第903条は、「共同相続人中に、被相続人から、婚姻 のため 贈与を受けた者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、前三条の規定により算定した相続分の中からその遺贈又は贈与の価額を控除した残額をもってその者の相続分とする。」と定めています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/05 08:46

続きを見る

トップへ

月別リンク

離婚・相続専門弁護士 間違いだらけの離婚・相続//BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる