相続が新相続法施行後でも、不動産登記の遺言執行は、旧相続法が適用される場合がある。

設例 被相続人は、2010年8月1日、遺言執行者を弁護士Mと指定したうえで、「不動産全部を長男Aに相続させる」と遺言し、2019年8月1日、死亡した。 遺言書には、遺言者の権限は、明記されていない。 弁護士Mは、遺言執行人として、相続登記ができるか? 相続させる遺言は、相続の際の遺産の割り振りを指示するだけのものです。相…
コメント:0

続きを読むread more